2017年1月9日

ようやく本州最北端に届けられた深緑の優勝旗



今年も選手権決勝に行ってきました。



開幕戦から決勝まで全試合観戦した前回大会ほどではないにせよ、
今大会も準々決勝を除き全て現地観戦。

その中でも、前橋育英の試合は4試合観戦したので、
チームに対する愛着のようなものも芽生え始めていたんだけど、
決勝戦の結果は、彼らにとって残酷なものになってしまったね。


青森山田50前橋育英


奇しくも、前回大会の決勝と同じスコアになったわけやけど、
前橋育英は、1回戦から準決勝までの5試合を無失点と、
手堅く勝ち上がってきていたので、
5失点と言う結果は予想外に感じる人もいると思う。

ただ、その5試合の内容を見ると、先制点は奪えているものの、
押し込んでいる時間帯に追加点を奪えなかったり、
あわや失点の場面も、GKの月田のファインセーブや、
クロスバーなどに助けられたものが多かったので、
盤石の試合運びをしているという感じではなかった。

実際、この試合でも、序盤に試合の主導権を握るものの、
高沢と仁見にビッグチャンスが訪れながらもこれを決めきれずにいるうちに、
青森山田に訪れたファーストチャンスを、
高橋壱晟にモノにされてしまった格好だった。

勝負事にたらればは禁物なのは重々承知しているけど、
序盤の前橋育英の時間帯に先制点が入っていれば、
これだけ大差がつく試合にはならなかったんじゃないだろうか。

今思えば、準決勝の佐野日大戦後のお立ち台で、
決勝に向けての意気込みを尋ねられた山田監督が、
「自分たちにはそこまでの力はない」と言っていたのは、
上記のような試合運びの拙さを危惧してのものだったのかな。



対する青森山田は、各ポジションに能力の高い選手を配し、
プレミア王者として、優勝候補の最右翼に挙げられていたけど、
前回大会王者の東福岡と比べると、
そこまで相手校を圧倒するような試合をしていた感じはないんよね。

1試合に訪れるチャンスの数は少ないけど、
それを鳴海や高橋と言った決定力のある選手が確実に決め、
1試合に何度か訪れるピンチも廣末が止めるといった感じで、
個の力がチーム力として上手く還元されているなという印象を持った。

前々回大会の東福岡のように、個の能力の高い選手が集まると、
得てしてチームとしてのまとまりに欠ける感じも見受けられるけど、
今大会の青森山田からその手の雰囲気が感じられなかったのは、
主将の住永の功績が非常に大きかったんじゃないだろうか。

また、GKの廣末についてもう少し書いておくと、
前回大会でも高校生レベルを凌駕するようなキックを蹴っていたので、
キックに関しては今更驚くことはなかったんだけど、
この1年でシュートストップの技術が飛躍的に向上したように思う。

高校卒業後は、ジュニアユース時代を過ごしたFC東京に復帰するみたいだけど、
FC東京は、既にサガン鳥栖から林の獲得を決め、
さらに、ユースから波多野という2m近い身長のあるGKも昇格させるので、
廣末の才能を埋もれさせてしまわないか心配だね。


群雄割拠の様相を呈していた高校サッカー界も今は昔、
ここ3年は、星稜、東福岡、青森山田と、
優勝候補が順当に深緑の優勝旗を勝ち取っている。

Jリーグのクラブユースに有力選手が流れ、
高校サッカーの弱体化が著しかった時代もあったけど、
プレミアリーグ、プリンスリーグが始まったことで、
また高校サッカーのレベルが上がってきていると見ていいだろうね。

ただ、選手が常に入れ替わり続けるので、
強さを持続させるのが難しいというのは、
高校サッカーに限らず、学生スポーツの難しいところ。

その難しさを見越して、実質の下部組織である、
中等部を強化している青森山田には恐ろしさすら感じるけど、
次回の第96回大会では、そんな王者を破る高校が現れることに期待したいね。
















コメントを投稿