2017年8月13日

中村俊輔の引き立て役になってしまった遠藤保仁



ガンバ大阪02ジュビロ磐田


いつもと趣の異なる白く染まった吹田スタジアム。

太陽の塔が大きく描かれたユニフォームのデザインはとてもかっこよかったけど、
縁起の良いユニフォームとはならなかったね。

まあ、ガンバにとっての不吉なジンクスを持っている、
Jリーグの女子マネージャーが来場すると聞いた時点で、
なんとなくこの結果は予想していたところもあったのだけど。



累積警告で出場停止のオ・ジェソクに加え、井手口が体調不良で欠場したことで、
代役として初瀬と、Jリーグデビューとなる市丸を抜擢。

また、聖域と化しつつあった長沢をベンチに置いて、
アデミウソンとファン・ウィジョの2トップを採用し、
さらに、DFラインも3枚へ変更するなど、
試行錯誤している様子が垣間見えた布陣だったね。

ここ数試合の例に違わず、前半はなかなか攻撃の形が作れなかったけど、
時間が経つにつれてアデミウソンとファン・ウィジョのイメージが徐々に合い始め、
後半になると、最後のところが合えば1点という形は多く作れていたように思う。

結果的にまたしても無得点に終わってしまったことについては猛省する必要はあるけど、
「この日の2トップの連携が深まれば得点は増えるんじゃないか」という、
期待は持てる試合だった。



また、この試合は、中村俊輔と遠藤保仁という、
Jリーグを代表するクラックの共演という側面も持っていたけど、
またしても我らが遠藤は俊輔の引き立て役に回ってしまうことになってしまった。

俊輔にはマリノス時代から毎試合のようにセットプレーでやられているのに、
学習能力が無いのか、この試合でも自陣の深いエリアで易いファウルを献上し、
そのうちの2つを得点に繋げられてしまったのだけども、
あろうことか、1失点目に繋がるファウルを犯したのは、
本来、プレーでチームを牽引すべき立場であるはずの遠藤。

先週の水曜日の広島戦でフル出場してから中3日ということもあったのか、
この試合の遠藤は、攻撃ではカウンターのブレーキとなり、
守備では悉く後手を踏んでアフター気味のチャージを連発するなど、
明らかに動けていなかった。

長谷川健太としては、件の広島戦でゴールを決めた遠藤を起用し、
この試合でも攻撃の形成を丸投げしようと試みたのだろうけど、
このブログで何度も書いているように、37歳の遠藤を連戦で起用するのは、
コンディションを考慮すると厳しいものがある。

また、同じく大ベテランの域に差し掛かりつつある今野も、
代表戦で故障して以来、コンディションが上がってきていないし、
井手口もいつまで国内でプレーするかわからないという状況でもあるので、
この試合でJリーグデビューを飾り、及第点のプレーをした市丸を、
早々にボランチのローテーションに組み入れる必要があるんじゃないかな。

まあ、結果が出ていないので、実績のある選手を起用して、
保身に走ってしまう可能性も無きにしもあらずなんだけど。



次節はホームで柏戦。

春の日立台での試合では勝利しているけど、ここ最近のチーム状態や、
長谷川健太政権下での相性を考えると、どうしてもネガティヴになってしまう。

ただ、柏としても、優勝戦線に食らいついていくために負けられない試合が続くので、
アウェイだからと言って自陣に引きこもるような戦い方はしてこないと思う。

敵陣にスペースがある中で上手く先制点を奪って、
有利に試合を進めたいところやね。




にほんブログ村











2017年8月9日

恩返しはされなかったけど満足のいく結果も得られなかった



ガンバ大阪22サンフレッチェ広島


守備を固めてくる甲府相手に無策ぶりを露呈した前節から中3日。

今節の対戦相手である広島も甲府と同様の戦い方を採用してくると思われる中、
長谷川健太が出した答えは、遠藤をトップ下に配した4-3-1-2の布陣。

ただ、遠藤のポジションはトップ下と言いつつ実質フリーポジション。

ピッチの至るところに顔を出してボールを受けようとする遠藤の姿を見て、
自分で攻撃の形が思いつかないものだから、長谷川健太がピッチ上の遠藤に、
自分のタスクを丸投げした戦術にも思えたのは僕だけだろうか。

ところが、そんな”戦術・遠藤”の採用も虚しく、前半の早い時間帯にあっさりと失点。

その後は、ボールを持たされ、守備を固める広島相手に攻めあぐねるという、
前節の甲府戦の続きを見ているかのような試合展開になってしまったね。

このまま見どころも無く、試合終了まで行くのかなと思いきや、
後半開始早々に遠藤がゴールを決めて試合を振り出しに戻すことに成功。

磐田などで活躍した藤田俊哉の記録を抜き、MF歴代最多となる101ゴール達成の裏に、
今野のお洒落ヒールパスという演出があったことを書き記しておくとする。



その後、アデミウソンが自ら得たPKを沈めて勝ち越しに成功したわけだけど、
3点目を奪うチャンスをなかなかモノに出来ずにいる中で、
なお追加点を奪いに行くのか、リードを守り切るのかというところで、
ピッチ上の選手たちで意思統一が出来ていなかったように思えた。

特に、何があってもピッチに残し続けていた長沢を下げて泉澤を投入した采配は、
選手たちを混乱させるものだったんじゃないだろうか。

この日も得点を奪えず、FWとしての仕事は出来なかった長沢だけど、
セットプレーの守備の際にストーンとして機能するメリットを考えると、
わずか1点リードの状況でそのメリットを捨てて、
泉澤を投入するというリスクを冒す必要は無かったと思う。

それだけのリスクを冒してまで3点目を奪いに行こうという、
ベンチの空気がピッチ上の選手に伝播した結果、あまりにもリスクマネジメントに欠けた、
後半終了間際の同点ゴールを生み出してしまったんじゃないだろうか。

結局、ケガを抱えたまま出場を続ける三浦や倉田を休ませられなかったし、
リードしている時間帯はあったものの、終始、チグハグ感が拭えない試合だったね。



次節はホームで磐田と対戦。

正直なところ、こんな試合を続けている現状、あまり楽観できないんだけど、
ガンバにはヤマハでの大敗により、磐田を勢いづかせてしまった責任もあるので、
吹田できっちりとその勢いを殺しておく義務がある。

疫病神である佐藤美希が吹田に来場するのが気掛かりではあるけど、
チケット完売のホームで勝利の凱歌を上げて欲しいと思います。




にほんブログ村











2017年8月6日

甲府の残留争いを手助けする余裕なんて無いはずなのだが…



小瀬行って来ました。





ガンバ大阪01ヴァンフォーレ甲府


大阪ダービーで勝利したことで、
この1週間を幸せな気持ちで過ごしていた
ガンバサポーターもさぞかし多かったことだと思う。

かく言う僕もその一人だったのだけど、
そんなダービーの余韻を吹き飛ばすほどの冷や水を浴びせられた試合だった。

いくら甲府が日本有数の暑さを誇る街だからって、
そんなサービスは必要としていないのだけれども。



先日、浦和のペトロビッチが解任された際に、
結果が出ていないのにもかかわらず、過剰に優遇する一部の主力選手を、
試合に起用し続けたことが原因という意見を色々なところで目にしたけど、
今の長谷川健太と長沢の関係もそれに該当しないだろうか。

今のガンバには、引いた相手を個で打開できる宇佐美や、
パス回しに変化をつけて試合の流れを転調できる遠藤がいないので、
長沢の高さに固執したくなる気持ちはよく理解できる。
(まあ、遠藤に関してはベンチに座ってはいるけど…)

ただ、絶好のチャンスボールを枠外に飛ばして頭を抱える長沢の姿を見るのは、
この試合に限った話ではない。

今季は、決められるところで決められないで痛い目に遭う試合を繰り返しているのに、
何故好機を逸し続けているFWを起用し続けるのかが理解できない。

どうせ次節の広島戦でも長沢を起用してくるのだろうけど、
個人的には、ファン・ウィジョとアデミウソンの2トップという
選択肢は無いのかなぁと思っていたりするのだけど。


次節は中3日でアウェイの広島戦。

広島はJ2降格圏に甘んじているものの、
6連勝中と波に乗っていた磐田との打ち合いを制しているので、
決して侮れない相手やね。

広島と言えば、先日、ガンバから移籍したパトリックと丹羽の存在を、
どうしても意識してしまうところ。

特に、パトリックは、磐田戦で1ゴール2アシストと、
調子を落としている我が軍の長沢を尻目に活躍をしているので、
何としても封じたいところやね。

ただ、2人の存在は気になるところではあるけど、
突如、小瀬のサイン会に現れたリンスに気を取られすぎて、
試合に集中できていないかった今節の反省もあるので、
あくまでも広島相手に勝利することを目指して試合に臨んで欲しいと思います。




にほんブログ村











2017年7月30日

これからも大阪を牽引していくのはガンバ大阪だ


吹田行ってきました。



ガンバ大阪31セレッソ大


"首位・セレッソ大阪"

なんという不快な響きだろうか。

幾多の言葉が氾濫する現代社会に於いて、
ガンバ大阪サポーターをこれほどまでに侮辱する言葉を僕は知らない。

つまり、セレッソが首位に立っているという事実は、
対戦相手をリスペクトするというJリーグの理念に反するものではないだろうか。

この大阪ダービーでの勝利は、勝ち点3を積み上げたという事実以上に、
今まで一度もタイトルを獲ったことがないにも関わらず、
順位表の一番上で偉そうに鎮座している、
ピンクの集団に正義の鉄槌を与えるという意味でもとても大きなものだった。



そんな重要な一戦に長谷川健太がピッチに送り出した11人の中で、
一番の注目選手はなんと言っても今夏の移籍市場で獲得したファン・ウィジョ。

韓国の2部リーグでパッとしない成績しか残せていないのに、
功労者であるパトリックを放出してまで獲得するほどの選手なのかと
強化部に対して懐疑的な目線を送っていたのだけども、
試合の流れを引き戻す価千金の同点ゴールで、
ホームゴール裏を埋め尽くしたガンバ大阪サポーターの心を掴んでみせた。

前半の終盤に運動量が落ちたあたり、
まだ日本の暑さに適応できていないのかなと思うけど、
DFラインの裏を執拗に狙う動きや、アバウトな前線へのパスを収める体の強さは、
今後の戦いに大きな期待を抱かせるものだった。

今後の活躍次第では、手首の靭帯を断裂するぐらいの勢いで、
手のひらをくるりとさせてもらうわ。

さらに、この試合では、アデミウソンも久々に結果を残したし、
ファン・ウィジョの加入によってFW陣の競争力が上がり、
それに伴ってチームの攻撃力が上がるという相乗効果に期待したいね。



また、3得点を挙げた攻撃陣も然ることながら、
井手口と今野のコンビも出色のパフォーマンスだった。

取り分け、井手口の攻守にわたる存在感は、
山口とソウザというJ屈指のダブルボランチを相手にしても群を抜いていたね。

この試合ではセットプレーのキッカーも任されていたけど、
最初はキックの精度が安定していなかったものの、
三浦の勝ち越しゴールを演出した場面ではピタリと合わせてくるなど、
体力的に厳しい夏場の戦いにも関わらず、時計の針が進むにつれて、
徐々にプレーの精度が高まっていった印象すらあるね。

今野がまだ春先のプレーを取り戻せていないのが気掛かりだけど、
今のところ、井手口と今野のダブルボランチに付け入る隙は無さそうやね。

ただ、ガンバの戴冠のためには、マスターオブガンバの力が必要になる時が必ず来る。

これまでガンバが獲得した全てのタイトルに貢献した男が、
ベンチに追いやられてそのまま老け込む姿なんて見たくないからね。


次節は、アウェイで甲府戦。

優勝争いに絡んでいくためには確実に叩いておきたい相手ではあるけど、
これだけテンションの高い試合をした後なので、
ふと気持ちに緩みが出て足元をすくわれないかが懸念材料やね。

僕も小瀬に参戦するので、来週も勝利のガンバクラップを見せてくれ。




にほんブログ村











2017年7月13日

七月時点で正月の予定が無くなるのはごめんだ



フクアリ行って来ました。




ガンバ大阪20ジェフ千葉


フクアリには、高校サッカーの選手権を見に何度も訪れてはいるんだけど、
ガンバの試合で来るのは、ガンバがJ2で戦っていた2013年以来だから、
実に4年ぶりだろうか。

その前にガンバがフクアリで試合を行ったのは2009年の開幕節だから、
フクアリでのガンバと千葉の試合って、
W杯やオリンピックと同じぐらいの開催頻度になるわけね。

これもひとえに、このスタジアムをホームとして使用しているチームが、
いつまで経ってもJ1に上がってこないのが原因なんだけども。

こんな素晴らしいスタジアムをJ2の試合で使い続けるのは、
あまりにもったいない話だと思うんだけどね。



ハーフウェイラインのすぐ後ろに設定された千葉のDFラインに、
既視感を覚えたガンバサポもいたことだろう。

そして、それを感じた人たちは、千葉が志向している戦術は、
自分たちでボールを握っている間は、魅力的なサッカーを展開できるけど、
相手ボールになるとロングボール一発でピンチを迎えるという、
美しさと脆さを兼ね揃えた戦術だということも分かっていたと思う。

月日は流れ、この試合で、ロングボールでチャンスを作っていたのは、
ガンバの方だったことに隔世の感を感じて、
一抹の寂しさも覚えたのだけども。

ただ、敵陣に攻め入るところまでは良くても、
そこから決定機を生み出せないところは、
ここ数試合奮わない攻撃陣のクオリティなんだろうか。

井手口が眼の負傷で前半の早い時間帯に退いたり、
三浦の1人カウンターからのシュートがポストに阻まれるなど、
どことなく流れの悪さを感じていたね。



ところが、前半33分に藤本のCKの流れからファビオが先制ゴールを決めると、
後半10分には左サイドを駆け上がった藤春のクロスを泉澤が押し込み、
2点リードを奪うことに成功。

先日の清水戦では、同じような流れから呉屋がシュートを枠外に飛ばしたけど、
泉澤は、チップキック気味にGKの逆を突くなど非常に冷静だった。

泉澤は、試合に出れば良い働きをしていると思うんだけど、
長谷川健太は彼をスタートから使う気があまり無いようなのが理解できないね。

また、飼い犬である藤春を走らせた、キャプテン倉田のスルーパスも、
前任の10番を彷彿とさせる見事なものだった。

試合後には、古巣である千葉のゴール裏へ挨拶に行くなど、
終始、模範的な振る舞いを見せていたね。


2点リードしてから押し込まれる時間帯が続いたけど、
東口とポストで協力してゴールを守り切り、完封勝利。

これで、天皇杯ベスト16に進出しました。

ここ数試合、チームのパフォーマンスが上がらず、
J2で3連勝中の千葉が相手ということで、
ジャイアントキリングの餌食となることに怯えていたんだけど、
次のステージへ駒を進めることができて安堵。

これから2週間ちょっと、中断期間に入るわけだけど、
中断空け最初の試合はなんと大阪ダービー!!

この中断期間にしっかりと準備をして、
12年ぶりの首位に浮かれているピンクの連中を叩きのめしてくれ。





にほんブログ村











2017年7月9日

古巣の記念試合に花を添えた長谷川健太



日本平行って来ました。






ガンバ大阪02清水エスパルス


過去に名古屋と浦和の20周年記念試合で空気を読まずに大勝したことで、
記念試合クラッシャーという裏設定があった我らがガンバ大阪。

清水が今節をクラブ創設25周年記念試合として位置付けた時は、
ガンバにとって勝利フラグになるのではないかと思っていた。

ところが、どうやら長谷川健太にその気は無かったようで、
古巣のメモリアルに花を添えるために、
斬られ役としてかつての本拠に乗り込んだようだったね。



過密日程だったので、メンバーを入れ替えてくるのは当たり前なんだけど、
ポストプレーやチャンスメイクができず、
1人でシュートに持ち込めるわけでもない呉屋の1トップで、
どうやって点を取ろうとしているのか全く分からなかった。

赤﨑を起用して2トップでも良かったかなと思うけど、
その赤﨑は、契約の関係で出場できなかった鹿島戦があったとはいえ、
この3連戦で一度も出場機会が訪れず、
何のために獲得したのかわからない状態になっているね。

さらに、中盤を浮遊する遠藤が、攻撃にも守備にも貢献できず、
キャプテンとしてチームを牽引するどころか、
逆に倉田と井手口の負担を増やすような状態になっていた。

この3連戦に入る前、遠藤の起用法について考えるべきと書いたけど、
結局、長谷川健太は3試合全てで遠藤を起用したね。

フル出場ではないとはいえ、37歳の選手に8日間で3試合は酷すぎる。

ガンバと同様に3連戦をこなした鹿島は、
水曜日のガンバ戦のみ小笠原を起用したことを考えると、
倉田をボランチで起用してみるとか、市丸を抜擢してみるとか、
もうちょっと柔軟な采配があっても良かったんじゃないかな。



攻撃が機能不全に陥っただけでなく、前半に易い失点を2つ喫したこともあって、
遠藤と初瀬に代えて、後半から長沢と藤春を投入。

この交代が功を奏し、チームの推進力が上がり、
前半と比べて清水のゴールに迫る場面が増えたね。

ところが、
つい3日前に決められるところで決めなかったツケを味わったばかりなのに、
またしても攻撃陣が決定力不足を露呈。

長沢や泉澤にも決定機があったものの、
一番決めなければいけない状況が訪れたのは呉屋。

前半に決定機が訪れなかったのは、呉屋の責任というよりは、
長谷川健太の編成ミスによるところが大きかったと思うけど、
後半の決定機逸に関しては、全く言い訳の余地なし。

ゴール前以外の場面での貢献度が低いタイプのFWなのに、
あれを枠にすら飛ばせないなんて、存在価値が問われる。

まあ、そんなFWをピッチに残して、
泉澤に代えてアデミウソンを投入した長谷川健太の采配に関しても、
最後までクエスチョンマークが消えなかったけども。





この試合から、Jリーグはサマーブレイクに突入。

3週間ほど試合が無い日が続くけど、
中断空け最初の試合は、生意気にも首位に立つセレッソとの大阪ダービーなので、
この中断期間に良い準備をして臨んで欲しいと思う。

ただ、今の調子だと、水曜日の天皇杯の試合で、
千葉に足もとをすくわれそうな気がしてならないんだけども。




にほんブログ村











2017年7月5日

決められるところで決めたチームが勝つというあたり前の話



ガンバ大阪01鹿島アントラーズ


先週末の試合から中2日の鹿島に対し、ガンバは中3日でのホームゲーム。

鹿島に関しては、さらにこの試合から、
中2日でFC東京とのアウェイゲームが組まれているという、
鬼畜極まりない日程になっているね。

思わず同情したくなるようなカレンダーではあるけど、
先代と現在の日本サッカー協会の技術委員長が誰かと考えると、
このような日程が組まれている裏には、何か訳ありな気がするけども。

まあ、そんな日程面での優遇を受けたにも関わらず、
負けてからこんなこと書くのもダサい話ですが。



仙台戦に引き続き、菱形の中盤を継続するのかと思いきや、
長谷川健太の判断は、遠藤を外して4-4-2を採用。

個人的に、この試合のスタメンが、今のガンバのベストだと思っているので、
この判断は支持したいところ。

実際、運動量を上げてこない鹿島に対してボールを握ることができたと思うけど、
鹿島ほどのチームと対戦するとなると、
1試合で訪れるチャンスの数は限られてくるもの。

それだけに、前半に倉田と長沢に訪れた決定機は決めておきたかった。

少なくとも、後半に遠藤康に決められたゴールよりは、
2人に訪れたチャンスの方が明らかにイージーだったからね。

思えば、この試合で鹿島に訪れたチャンスは、この遠藤康のシュートと、
前半の中村に訪れた決定機だけだったように思うし、
決められるところできっちり決められるチームが勝つんだなというのを、
再認識させられる結果になってしまったね。



個人的に、この試合ではアデミウソンの奮起に期待していたんだけど、
その期待は大きく裏切られることになってしまった。

ゴールに背を向けて足元でボールを受けようとするアデミウソンに対し、
鹿島の守備陣は厳しくチェックに来ていたので、
前線でボールがなかなか収まらなかった。

先日の仙台戦での1点目と2点目のように、
サイドの裏へ走ってボールを引き出すような動きを見せてほしかったんだけど、
この試合では淡白なプレーに終始していたように思う。

能力的には申し分ないと思っているのだけど、
ここ数試合、起用法に関して不満を感じているような行動も見られるので、
フィジカル的なコンディションが整わないというより、
メンタル的なところで問題を抱えているのかな。

なんにせよ、ファン・ウィジョにしか期待できない状況は心許無いので、
一日でも早く、キレキレのアデミウソンが戻ってきて欲しいね。



シーズンの半分を終えて勝ち点32。

決して悪い成績では無いけど、もったいない勝ち点を落としているし、
そんなに良い試合ができているとも思えないので、楽観視できない。

現状、順位表でガンバの上には3クラブの名前があるので、
シーズン終盤までここに絡んでいくためにも、
今週末の日本平での試合は絶対に負けられないね。

中2日でタフな試合が強いられると思うけど、
記念試合クラッシャーの名の下に、清水のクラブ創設25周年記念試合を、
盛大に破壊してやりましょう。




にほんブログ村