2018年7月18日

Jリーグのある日常が苦痛とともに戻ってきた



ガンバ大阪04サンフレッチェ広島

---
この前半戦の結果を真摯に受け止め、
今まで以上にクラブが一丸となってクルピ監督率いるチームを支え、
この中断期間をチーム立て直しの大きなチャンスととらえ、
チーム戦力が向上するためのあらゆる手段を講じる
---

先月の11日、ガンバ大阪の山内社長はホームページ上で、
上記のような声明を発表したけど、結果的に今回の中断期間でガンバがやったことって、
お隣の8番に実現性の乏しいオファーを出した挙句、断られて恥をかいたことと、
宇佐美と飯を食うためだけに梶居がドイツに行ったということだけじゃないのか。

ガンバより下の順位に沈んでいる鳥栖と名古屋は、今回の中断期間で補強を敢行し、
J1に残るぞという気概を内外に向けて発信しているのに、
ウチはこんな舐めプなスタンスでいいんでしょうかね。

結果的にJ2に降格することになったけど、
夏の中断期間にレアンドロ、家長、岩下を補強した6年前の方が、
現状に対する危機感はあったように思えるんだけども。



W杯による中断期間が空けて最初の相手は、首位を快走するサンフレッチェ広島。

そんな強敵と相対するガンバ大阪は、
股関節の故障により長期離脱していたアデミウソンが戦列復帰し、
両SBは初瀬と米倉、右サイドMFに髙江が入るという布陣を敷いてきたね。

ところが、試合の入りこそ悪くなかったと思うんだけど、
ファビオが青山に悪質なスライディングタックルを見舞い一発退場となったことで、
前半9分で試合は終わってしまった。

連日、日本列島を襲う猛暑の中、アディショナルタイムも含め、
80分以上を10人で戦うことをチームメイトに強いたファビオには猛省を促したいね。



1人少なくなってからのガンバは、
時折、倉田が低い位置からドリブルで持ち上がる以外に攻撃の術は無く、防戦一方。

そんな守る以外に手立ての無くなったガンバの守備陣の脅威となったのは、
昨年まで同じチームでプレーしていたパトリックだったというのも何の因果だろうか。

今季、首位をひた走るチームで力強く攻撃を牽引しているパトリックの姿を見ていると、
一昨季、ヒザに大怪我を負ったパトリックを終わった選手とみなし、
昨季、残留争いに巻き込まれている広島に移籍が決まった時も、
「移籍が決まって良かったね」などという、
若干、上から目線でエールを送っていたことが恥ずかしく思えてくる。

ただ、ガンバ大阪での晩年は充実した時間を過ごしたとは言えないパトリックだけど、
ゴールを決めた後喜ぶことも無く、アウェイゴール裏に向けて
申し訳なさそうに手を合わせている姿を見ると、
どうやら彼は今でもガンバ大阪というクラブに感謝の気持ちがあるんだろうね。

この日お見舞いされた2つの恩返しゴールは、
不甲斐ない戦いを続ける古巣への喝だと思って、ありがたく受け取っておくわ。



次節は中3日でホーム清水戦。

わりと相性の良いイメージのある相手だけど、
今節はセレッソ相手に3-0と圧勝しているので、
苦しい試合を強いられることは覚悟しておいた方が良いだろうね。

ただ、中断期間に入る前は、ホームでの戦績は良かったので、
中断空け後もその良い流れが持続していてくれることを期待します。



にほんブログ村












2018年7月16日

トリコロールの旗が揺れたモスクワの夜



フランス42クロアチア


フランスについてよく語られるところは、
個の力には長けるけど、チームとしてのまとまりに欠けるというもの。

ただ、ディディエ・デシャンが率いる今回のチームの内部からは、
そういった類の雑音が聞こえてこなかった。

自国開催の98年大会のW杯で、
金色のトロフィーを空に掲げた主将の人心掌握術は監督としても発揮され、
突出した個の力はチームに還元されていた。

また、この試合のデシャンは、カンテをエンゾンジと交代させるという、
一見、悪手にも見える采配をしたけど、結果的にこれを的中させ、
モチベーターとしてだけではなく、戦術家としても非凡なものを発揮した。

ボールは奪うけどもそこからの展開でミスが目立ったカンテに代わり、
エンゾンジがカウンターの起点として機能し、
フランスに試合の大勢を決める2つのゴールがもたらすことになったからね。

セットプレーで確実に得点を積み重ね、堅牢な守備で守り切るという戦い方は、
面白みに欠けるところはあったけど、
今大会のフランスはとても堅実で強いチームだったと思う。



ただ、この試合に関しては、
クロアチアを贔屓目に見ていた人が多かったんじゃないだろうか。

正直、僕はクロアチアが決勝まで勝ち上がってくるとは思ってなかったんだけど、
レアルマドリードとバルセロナのエンジンを搭載したチームが弱いはずがないんだよね。

グループステージでアルゼンチン相手に快勝して勢いに乗ると、
決勝トーナメントでは常に先制点を許す苦しい試合を強いられながらも、
追いつき、追い越し、延長戦とPK戦も含めながらしぶとく勝ち上がってきた戦いぶりは、
胸が打たれるものがあった。

また、グループリーグでは、主将のモドリッチに牽引されていたチームが、
決勝トーナメントに入ると、
チーム全員でモドリッチを支えるような戦いを見せていたことに、
青春ドラマの1ページを見たような気がしたね。

結果的に、この試合ではフランスに敗れて初優勝はならなかったけど、
前半の2つの不運な失点がクロアチアにとって不利に働いただけで、
両国の間にそこまで差は無かったように思う。

「記憶に残るのは勝者」という言葉があるけど、
少なくとも僕も含め、この試合でクロアチアを贔屓目に見ていた人は、
今大会のクロアチアの勇敢な戦いぶりを忘れることは無いだろうね。



今大会は、我らが日本が戦前の下馬評を覆してベスト16入りを果たし、
ドイツ、スペイン、アルゼンチンなどの強豪が早々と姿を消すなど、
波乱含みでとても見応えがある大会だった。

また、今大会から導入されたVARと延長に入ってからの4人目の交代枠は、
W杯という大会に新しい流れを生み出したと思う。

特にVARは検証に時間が掛かるというネックはあるものの、
後々、しこりが残りそうな曖昧なジャッジを無くすという意味で、
その役割を果たすことが出来たんじゃないだろうか。

次回のカタールW杯は、冬の開催が予定されているので、
また新しい流れが生み出されそうな感じがするけど、
岡田武史が言っていたように4年って長いからね。

我々サポーターは目先のサッカーカレンダーに一喜一憂しながら、
遠い目で4年後の中東のピッチに思いを馳せる感じでいきましょう。















2018年7月3日

開きかけていたベスト8への扉



日本23ベルギー


誰が言ったのか知らないけど、
「サッカーに於いて2-0は最も危険なスコア」なんてよく言ったものだと思う。

乾のミドルシュートが決まり、ベルギー相手に2点リードを奪った時、
日本が史上初のベスト8に進出することに、
大いに期待した人も多かったんじゃないだろうか。

かく言う僕もその一人なんだけど、現実はそこから3失点を喫して、逆転負け。

「これが世界との差」という一言で片づけてしまえばそれまでなんだけど、
以前、岡田武史が「神は細部に宿る」って言っていたように、
勝敗を分けたのはディティールの部分だったと思う。

例えば、この試合の川島は、パンチングでピンチを凌ぐ場面が多かったけど、
日本の息の根を止めることになった最後のベルギーのカウンターは、
本田のCKをクルトワが正確にキャッチしたところから始まっているとかね。



思えば、グループリーグ第3節のポーランド戦以降、日本は難しい時間を過ごしていた。

ポーランド戦の後半残り10分のボール回しによる時間稼ぎが、
各国の批判に晒され、日本を取り巻く雑音はこれまで以上に大きかったと思う。

ただ、この試合の選手たちの戦いぶりを見る限り、
ポーランド戦での出来事はもう過去のことと切り替えて、集中して試合に臨んでいた。

対戦相手のベルギーは、タレントの顔触れだけ見る限りでは、
優勝も狙えるほどの選手が揃っているので、守勢に回る時間帯が長かったけど、
球際のところで体を張ってピンチを凌ぎ、前半をスコアレスで終えることが出来た。

後半開始早々の原口の先制ゴールは、
前半に頑張った日本の選手へのご褒美のようなものだったんじゃないだろうか。



その後、立て続けに乾のゴールが決まり、リードを2点に広げることが出来たけど、
ヴェルトンゲンのただの折り返しが、そのままゴールに吸い込まれ、
リードが1点になったあたりから、ベルギーが息を吹き返した。

個人的には、このタイミングで本田を入れて、
試合を落ち着かせるべきだったんじゃないかと思っているんだけど、
ここまで日本の選手たちが良いプレーをしていただけに、動くのは難しかったのかな。

結果的に、本田の投入は、フェライニに同点ゴールを許してからになってしまった。



そして、後半アディショナルタイムにカウンターから悪夢のような失点。

ただTVの前で試合を見ていただけの僕ですらこれだけ悔しいのだから、
ピッチで戦っていた選手たちのそれは想像を絶するものだろう。

このような壮絶な試合からすぐに切り替えるのは難しいと思うけど、
この悔しさがまた日本のサッカーを前進させてくれると信じている。

今大会のメンバーは平均年齢が高いので、
4年後のカタールW杯は、メンバーが大きく変わると思うけど、
正直、ロンドン世代、リオデジャネイロ世代と言ったあたりが、
期待値ほど成長できていないのが懸念点ではある。

ただ、グループリーグ3連敗での敗退が濃厚と思われていたチームが、
日本サッカー史上初のW杯ベスト8進出まであと少しというところまで来るなんて、
誰が予想できただろうか。

ロンドン世代、リオデジャネイロ世代に、東京世代の突き上げが加わり、
4年後、カタールのピッチで日本代表が新しい歴史を作ってくれることに期待したいね。




にほんブログ村











2018年6月29日

試合に負けて賭けに勝った西野朗



日本01ポーランド


ヴォルゴグラードのスタジアムに詰めかけた観客から、
日本に浴びせられる激しいブーイング。

無理もない。

同時刻に行われていたグループHのもう一試合で、
セネガル相手にリードを奪っていたコロンビアがそのまま勝利することに賭け、
負けている状況にも関わらず、後ろでゆっくりとボールを回して、
試合が終わるのを待っているのだから。

結果的に西野朗はこの賭けに勝った。

勝ち点・得失点差・総得点で並んだ日本とセネガルの差を分けたのは、
これまでの試合で受けた警告をもとに算出されるフェアプレーポイント。

コロンビア相手に最後まで勝利を目指して戦ったセネガルを差し置いて、
ポーランドの忖度により決勝トーナメント進出を決めた日本の方が、
フェアプレーだったなんて皮肉にも聞こえるけどね。



先のセネガル戦から6人を入れ替えて臨んだこの試合。

セネガル戦で勝利し、決勝トーナメント進出を決めているのであれば、
このスタメンもアリだとは思ったけど、
この試合の結果如何で敗退もあるという状況で送り込むには、
リスクが高いように思えた。

ただ、そんな日本のスタメンで目を引いたのは、GKの川島。

先月の親善試合から不安定なプレーを露呈し、
先のセネガル戦で先制点を献上するミスを犯したことで、
このところ風当たりが強くなっていたチーム最年長選手だけど、
この試合では、これまでのミスを帳消しにするようなパフォーマンスを見せていたと思う。

特に、前半のポーランドのヘディングシュートをセーブした場面と、
後半に訪れたあわや槙野のオウンゴールという場面で見せたスーパーセーブは見事だった。

個人的には、東口や中村のプレーも見たかったなと思うのだけど、
世間から非難の的となり、ナーバスになっていたと思われる川島に対し、
西野朗は、キャプテンマークを与え、次の試合でもスタメン起用することで、
改めて背番号1への信頼を示した。

この西野朗の人心掌握術と、その期待に応えた川島は素晴らしかったと思う。



ただ、この試合の西野朗の采配でよくわからなかったのは、
酒井高徳の右サイドハーフ起用。

コロンビア戦とセネガル戦で、
ワーキングウイングとして起用していた原口の代わりということなんだろうけど、
ボールが入るたびにノッキングを起こしていたため、正直、機能していたとは言い難い。

そもそも酒井高徳は、SBの控えということで、
今回の代表に招集されている認識なのだけど、
ただでさえも自陣の深い位置での軽率なミスが多い選手だし、
所属のハンブルガーSVでは長いこと中盤でプレーしているため、
SBとして起用するにしても、もう試合勘が無いと思う。

この日のメンバーで酒井高徳を起用するのであれば、山口と酒井高徳の中盤にして、
2列目は左から宇佐美、柴崎、岡崎or武藤という並びかなと思うけど、
あまりしっくりこないので、スタメンに関しては再考の余地はあったんじゃないだろうか。



何はともあれ決勝トーナメントに進むことが出来たわけだけど、
ベスト16で対戦するのはベルギー。

いきなりかなりの難敵を相手にすることになったわけだけど、
昨年の11月に欧州遠征で1.5軍のベルギーと対戦しているので、
長いこと対戦していなかったイングランドに比べれば、
組み合うイメージはし易いんじゃないだろうか。

ただ、そうは言っても、決勝トーナメントに勝ち上がってくるようなチームなんて、
日本からしてみればどこも格上なんだから、
失うものは無いという気持ちで思い切ってぶつかって欲しいと思います。




にほんブログ村











2018年6月25日

テランガのライオンを相手に勝ち点1を分け合う



日本22セネガル


グループステージ初戦を制した両国同士ということもあり、
この試合で勝利した方が決勝トーナメントへの切符を勝ち取るという試合。

日本は二度リードを奪われるという苦しい展開を強いられたものの、
二度とも追いついてドロー。

よく勝ち点1を積み上げたという見方もできるけど、
個人的には、試合後に西野監督や本田が言っていたように、
スコアが1-1の時間帯に多くの決定機を作り出せていたので、
勝ちきれなかった試合だったという印象の方が強いね。



この試合のスタメンは、先日のコロンビア戦と全く同じ。

ガンバ時代からメンバーを固定して戦っていた西野監督のことだから、
このスタメンに驚きは無かったのだけど、
このところミスが続いている川島に関しては、
代えてほしかったと思っている人も多かったんじゃないだろうか。

そんな不安こそ的中してしまうもので、
サバリのシュートをパンチングでクリアするも、目の前にいたマネにぶつけてしまい、
跳ね返りがゴールマウスに吸い込まれ、先制点を献上。

多くの人が言うように、キャッチに行く場面だったと思う。

前半のうちに乾が見事なゴールを決めて試合を振り出しに戻したことで、
この川島のミスに関しては帳消しになったけど、
もし、この失点が原因で日本が負けていたら、
川島が戦犯として叩かれることは避けられなかっただろうね。

川島のミスは先日のコロンビア戦以前から続いているので、
もういい加減GKは東口か中村で行って欲しいと思っているのだけど、
ガンバの監督時代、どれだけミスをしても藤ヶ谷を起用し続けていた西野朗のことだから、
ポーランド戦も川島の可能性が高いと思うけど。



後半に入ると、吉田と昌子の両CBの間に長谷部が落ちてきて、
長友と酒井宏樹の両SBに高い位置を取らせるというビルドアップがハマり、
日本が試合の主導権を握ることが出来た。

また、両SBに高い位置を取らせることで、
セネガルのマネとサールの両翼のオーバーラップを牽制するという意味で、
守備面でも効果は大きかった。

西野朗は、前半のチームのパフォーマンスが悪くても、
選手を交代させずにハーフタイムで修正をかける能力に長けているけど、
その片鱗が垣間見えた場面だったと思う。

ただ、日本が試合の主導権を握るも、得点を奪うところまでは至らず。

柴崎のクロスに大迫が飛び込んだ場面と、
乾のシュートがクロスバーに弾かれた場面のどちらかがゴールになっていれば、
この試合で決勝トーナメント進出を勝ち取ることが出来たと思うけど、
そんなにW杯は甘いところじゃないってことなんだろう。

決められるところで決めないと往々にして痛い目に遭うというのは、
このサッカーというスポーツではよく言われることだけど、
この試合でも例に違わず、ワゲに勝ち越しゴールを許してしまったね。



試合時間も残り20分ちょっとで1点ビハインドということで、
これは厳しいかなと思っていたら、香川に代わってピッチに入った本田が、
乾の折り返しを決めて2-2の同点に。

それにしても、大迫と乾が決定機をモノに出来ない中、
途中出場にも関わらずファーストチャンスをモノにするあたり、
本田圭佑という男のメンタルの強さには感服する。



次戦は決勝トーナメント進出を懸けてポーランドと対戦。

日本とセネガルの試合の後に行われた試合で、
コロンビアに大敗を喫したポーランドは、既にグループステージ敗退が決定。

やはり11人が揃ったコロンビアは強いと再認識すると同時に、
大会前はグループ最強という声もあったポーランドに関しては、
W杯の出場国の力量を計るにあたり、
FIFAランキングという物差しが如何にアテにならないかを証明したように思う。

今大会ナンバーワンストライカーという呼び声高いレバンドフスキが、
ここまでまだノーゴールと言うのが不気味ではあるけど、
コロンビアとセネガルの試合の結果は気にせずに、
ポーランド相手に勝ち点を積み上げて、自力で決勝トーナメント進出を勝ち取りましょう。




にほんブログ村











2018年6月20日

ロシアの地で響き渡った鬨の声



日本21コロンビア


ガンバ大阪に多くの勝利をもたらしてくれた西野朗が、
ボロクソに叩かれるところは見たくないけど、
今の日本代表の実力と対戦相手に鑑みてロシアの地で勝利を挙げられるとは思えない。

なので、西野監督にとって、今回の代表監督と言う仕事は、
自身の指導者キャリアの晩節を汚すことになるだろうなと思っていたけど、
そんな僕の気持ちは良い意味で裏切られた。

これまで日本はW杯に於いて、一度も南米のチームに勝ったことがなかったけど、
なんと前回大会でベスト8のコロンビアを撃破するというアップセットを披露。

西野朗がガンバ大阪を離れて7年の月日が経つけど、
今度は代表監督として僕たちの国に勝利をもたらしてくれた。

ハリルホジッチ解任以降、日本代表に対して辛辣な言葉を投げかけていた人も、
この日の僕らの国の代表選手たちの戦いには胸が熱くなったはずだ。



この試合を語るにあたり、
前半3分でカルロス・サンチェスが退場になったことに触れないわけにはいかない。

香川のシュートを、ペナルティエリア内で意図的にハンドして阻止したということで、
試合開始早々に、日本に数的有利と先制点のアドバンテージがもたらされたわけだからね。

ただ、1人少ないにも関わらず、
日本相手に何度もチャンスを作り出しているところを見ると、
わざわざ手を使ってシュートを止めなくても、
1点ビハインドぐらい造作もなくひっくり返せそうに見えたんだけど、
本能的に手が出てしまったのだろうか。



1人少ないコロンビア相手に攻め込まれながらも、
体を張ったディフェンスで持ちこたえていた日本だったけど、
キンテーロにFKを決められてスコアをタイに戻されてしまった。

右に寄りすぎていた川島の対応もどうかと思ったけど、
これに関しては、明らかにファルカオのファウルだったのにも関わらず、
なぜか長谷部がファウルを取られて献上したFKからの失点だったので、
不運な事故のようなもの。

なので、「追いつかれたけど数的有利だしまだ自分たちに分がある」
と開き直れればよかったのだけど、なぜか浮足立つ日本の選手たち。

どことなく、前回のブラジルW杯のコートジボワール戦で、
ドログバが投入された後の状況に似たものを感じたけど、
すぐにハーフタイムに入って精神的に立て直すことができたのが、
日本にとって幸いだったね。



後半に入っても両国とも決め手を欠く展開だったけど、
試合が動くターニングポイントになったのは、
コロンビアのエースであるハメス・ロドリゲスの投入だったんじゃないだろうか。

ブラジルW杯でも日本から得点を挙げているハメスの投入は、
本来であれば日本にとって脅威になるはずなんだけど、
どうやら今大会のハメスは故障を抱えているようで、
コンディションが万全ではない様子。

コンディションが良くても守備面での貢献度が低い選手なのに、
攻撃面でも怖さが無いと来れば、ただでさえも10人のコロンビアが、
9人になったかのようだったね。

案の定、ハメス投入以降、ボールを保持できるようになった日本に、
勝ち越しゴールが生まれるのは必然のシナリオだったのかもしれない。

ただ、大迫の殊勝のゴールをアシストしたのが、
ここ数ヶ月厳しい声に晒されてきた本田圭佑だったというのに、
長年にわたり日本代表の顔として君臨してきた男の意地を見た気がしたね。



その後もコロンビアに何度かゴールを脅かされる場面はあったものの、
失点するまでには至らず1点リードを保ったまま逃げ切り。

勝利は一番の良薬とはサポーターに対しても言えるのか、
次戦のセネガル戦に対して俄然興味がわいてきたね。

西野監督はメンバーを固定したがる傾向があるけど、
W杯のようなインテンシティの高いコンペティションに於いて、
同じ選手をずっと起用できるとは思えないので、
上手く選手をやり繰りしながら日曜日の試合に臨んで欲しいね。



にほんブログ村












2018年6月13日

乾貴士が僅かながらに残した代表への期待



日本42パラグアイ


ガーナ戦、スイス戦とあまりにも低調なパフォーマンスで敗戦を喫したものだから、
西野朗は代表監督として1勝も出来ない…いや、下手したら1ゴールも挙げられないまま
その職務を解かれるんじゃないかと思っていたけど、
乾の2ゴールの活躍もあり、パラグアイには勝利をすることが出来た。

ただ、パラグアイはW杯の出場権を逃しているので、
この試合に出場した選手たちも2軍のメンバー。

この試合のパラグアイが仮想コロンビアとして相応しい相手だったかという点では、
疑問符が付くところだけど、4得点を挙げて勝利をしたことで、
ポジティブな精神状態で本大会に臨めるという点では、
この強化試合の意義はあったんじゃないかなと思う。



スイス戦からスタメンを10人入れ替えて臨んだ試合だったけど、
試合内容に関しては、西野JAPANになってからの3試合で一番良かったと思う。

まあ、コロンビア戦まであと1週間を切っている状況で、
試合を重ねるごとに内容も結果もトーンダウンなんてことになっていたら、
それはそれで困るのだけども。

そんなスイス戦で西野朗に強くアピールできたと思われるのは、乾と柴崎だろう。

乾に関しては先述の通り、この試合で2ゴールを決めて日本を勝利に導いたし、
この試合を中継していた日テレでは、
しきりに「バルサ相手の2ゴール」をアピールしていたので、
どうしても攻撃面に目が移りがちになる。

ただ、彼の場合は、スペインに渡って守備を覚えたことで、
これまでのドリブルが得意なアタッカーから
さらにワンランク上のプレーヤーに成長した感があるね。

このままいくとコロンビア戦のスタメンは濃厚だろうけど、
それで割を食うのが宇佐美貴史だというのが、
ガンバサポとしては複雑ではあるのだけども。

柴崎に関しては、ボランチの位置から長短のパスでゲームを作り、
前半の一番の見せ場であった惜しいFKや、
オウンゴールを誘発したCKなど得点にも絡んだね。

ボランチで起用して守勢の時間が長く続くとどうかなと思うけど、
コロンビア戦でも見てみたいと思わせるようなプレーをしていたね。



また、ガンバサポとしては、この試合でゴールマウスを守った
東口についても気になるところではあるけど、
パラグアイのゴラッソによる1失点はあったものの、
及第点のパフォーマンスだったんじゃないだろうか。

ただ、ここ最近、不安定なプレーが続いている川島を、
正GKの座から引きずり下ろすようなパフォーマンスを期待していたのだけども、
そこまでのインパクトは残せなかったかなと思う。



次戦はいよいよロシアW杯初戦のコロンビア戦。

前回のブラジル大会でも惨敗を喫していて、
初戦で対戦するにはあまりにも手強い相手だけど、
W杯に出場している国として恥ずかしくない戦いをして欲しい。

正直、過去6大会でここまで盛り上がっていないW杯は記憶に無いんだけど、
手首の靭帯が断裂するぐらいの勢いで手のひらを返させて欲しいものですな。



にほんブログ村