2017年2月22日

今季は随分とエンジンが温まるのが早いようで



ガンバ大阪30アデレード・ユナイテッド


改めて書く必要も無いと思うけど、アデレードと言えば、
ガンバがアジアチャンピオンに輝いた2008年のACL決勝の対戦相手。

それから4年後、ガンバがJ2に降格した年のACLでも、
グループステージでアデレードと対戦していることを思うと、
クラブの歴史の節目節目で対戦する機会が訪れているような感がある。

そして今季は、かつてのガンバの代名詞だった、
ポゼッションサッカーへの回帰を試みているシーズン。

このタイミングでアデレードと対戦することが、
ガンバにとって良い意味で転機となって欲しいね。



結果だけ見れば楽勝だったように見えるけど、
そこまで簡単な試合では無かったように思う。

試合の主導権を握られる時間帯もあり、セカンドボールを拾われる場面も多く、
東口の手を煩わせるようなピンチも何度か迎えたしね。

アデレードは、現在、国内リーグで最下位とのことらしいけど、
2部降格というシステムが無いAリーグということもあって、
ACLにプライオリティを置いて試合に臨んできた印象だったね。

ガンバとしても、日本とは真逆の気候だったり、
故障明けの選手が何人かいたことが、
試合を取り巻く状況を難しくしていたと思うけど、
それでも、チャンスで効率良く得点を挙げ、試合を上手く運べることが出来た。

特に、前半終了間際の今野のゴールで、
2点リードしてハーフタイムを迎えることができたのが、
アデレードの反撃の意欲を削ぐ意味で大きかったんじゃないだろうか。

例年、スロースターターと言われる我らがガンバ大阪にとって、
ACLの初戦、しかもアウェイゲームで3-0という結果は、
100点と言っても過言では無いのではないかと。

ただ、この試合を無駄にしないためにも、
1試合1試合、確実に勝ち点を積み上げていきたいね。



最後に、今週の土曜日を以って、ガンバ大阪系ブログのリンクリスト、
AOQLO PEOPLEが閉鎖とのことで、一抹の寂しさを感じております。

ガンバ大阪の試合を見て自分がどう思ったかというのを発信する場であり、
また、他のブロガーさんが、自分と同じ試合を見て、
どういう意見をもっているのかを知るための貴重な場でした。

オフ企画では、自分が発案したベストゴール賞を、
企画として採用してくださったことも、とても思い出深いです。

今までありがとうございました。
タカギさんのご多幸をお祈りいたします。



にほんブログ村












コメントを投稿