2017年2月26日

獲得勝ち点:ガンバ 1 甲府 1 DAZN -30



ガンバ大阪11ヴァンフォーレ甲府


ちょうどこの試合が行われていた時間帯は、
友人の結婚式の二次会に参加していたので、
試合をリアルタイムで見られる状況では無かったんだけど、
DAZNがサーバ障害を起こして視聴できない状態になっていたようなので、
そもそも、この試合をリアルタイムで見るには、
スタジアムに行くしかなかったみたいね。

昨日の大宮と川崎の試合でも、
後半は、TVの中央で円がくるくる回るばかりで、
サッカーの試合のコンテンツとしては、
ほとんど見られたものじゃなかったかったから、嫌な予感はしていたんだけども。

これまでJリーグを取り巻いていた閉塞感が打破され、
ポジティヴな方向に変わろうとしているきっかけをくれた、
DAZNマネーには感謝しているけど、
そもそも、パフォームグループは、コンテンツに投資するよりも前に、
インフラの整備に投資する方が先だったんじゃないだろうか。

誰も、2000円を払ってまで、
真っ暗な画面や、紙芝居を見たいわけじゃないんだよ。



ダイジェストでしか試合を見ていないので、
あまり詳しいことは書けないんだけども、
先週のミッドウィークのアデレード戦と同じスタメンをチョイスしたあたり、
長谷川健太は、選手のコンディション云々よりも、
新布陣の成熟度を高めたいという狙いがあったんだろう。

長沢、藤春、井手口と、万全ではない選手が複数いる中での選択としては、
腑に落ちないところもあるんだけど、
ベンチに控えるメンバーの顔ぶれがどうも心許無いので、
この選択になってしまうのも致し方無いのかなとも思う。

後半にビハインドを背負う苦しい展開になったところを、
アディショナルタイムの今野のゴールで、
勝ち点1を拾うことはできたものの、
ACLで会心の勝利を2つ続けてきた後の試合としては、物足りなさは否めないね。

この試合でゴールを決めた今野が、
好調を維持しているのはポジティヴな要素だけど、
3センターは、バックアップがおらず、出ずっぱりの危険性が高いだけに、
昨年までの4-2-3-1を併用する等の用兵で、
上手くローテーションしてコンディション維持に努めてほしい。



次節は、アウェイで柏戦だけど、
ミッドウィークにACLの済州戦を控えるという過密日程。

全北が八百長問題によりACL出場資格を剥奪されたことで、
繰り上げにより出場することになった済州だけど、
国内リーグで最下位に沈んでいるアデレードとは異なり、
昨季のKリーグで上位に食い込んでいるクラブなので、
昨季のACL王者の全北までとはいかないまでも、
骨のある相手であることは間違いない。

ACLはここまで良い流れで来ているので、
この良い流れを切らさないためにも、
ホームできっちりと勝ち点3を積み上げて欲しいね。




にほんブログ村











コメントを投稿