2017年12月12日

今週末はこの中国に勝てなかったチームとの試合です



日本21中国


試合終了間際のPKで1点を返されたものの、
小林悠の先制ゴールと、昌子のロングシュートで挙げた得点を守り切り、
E-1という、獲っても獲らなくても然したる変化のないタイトル獲得へ向けて、
勝ち点3を積み上げることに成功。

ただ、そこに至るまでの過程は、長身選手が多い中国と相対しているのにも関わらず、
ロングボールが左右へ行ったり来たりしているだけの、
非常に見どころの少ない試合だった。

思えば、ハリルホジッチが監督になってからの日本代表って、
試合終盤の劇的ゴールで結果オーライみたいな勝ち方が多いように思う。

まあ、負けるよりはいいのだろうけど、
このような内容の伴わない勝利を積み重ねたところで、
W杯へ向けての糧になるかと言われると疑問符を付けざるを得ないね。



とは言うものの、ゲームメイク力に長けた大島がピッチに立っている間は、
テンポよくボールを動かす場面が見られた。

CBからボールを受けてワンタッチでクルッと前を向くところとか、
グラウンダーのパスコースが塞がれているとロビングで縦パスを入れるところとか、
大島と言う選手を見ていると、若き日の二川孝広と重なるものがあるので、
個人的に大島のプレーを見るのはいつも楽しみにしている。

ただ、この試合では、シュートを打とうとしたタイミングで脚を痛めてしまい、
前半で交代を余儀無くされてしまったのはあまりにも残念だった。

そして、その大島の負傷を受けて井手口がピッチに入り、
11人中5人がガンバ大阪の所属選手となったタイミングから、
試合のリズムが悪くなったので、
ガンバサポとしてなんとなく後ろめたさを感じていたりするのだけど。



また、この試合では、代表に招集されるもののいつも試合に出場させてもらえない、
我らが三浦弦太と鹿島の植田が代表初キャップを飾ったね。

スタメンの顔触れを見る限りだと、清水時代に経験がある三浦が右SBに入り、
普段、鹿島で昌子とCBを組んでいる植田が、
この試合でも昌子の相棒になるのかなと思いきや、まさかの逆だったね。

序盤、安易なパスミスを繰り返す植田を見て、
やはりこのDFラインの並びはミスキャストじゃないかと思ったけど、
時計の針が進むにつれ、クロスから決定機をお膳立てしたり、
前の選手とのワンツーで裏へ抜け出したりと、
植田が右SBというポジションをモノにしていたのが滑稽だった。

大岩監督がどう考えるか知らないけど、西が負傷で来季の開幕に間に合わなさそうなら、
植田の右SBもアリなんじゃないだろうか。



次戦の相手は韓国。

初戦で中国と引き分けるなど、ここ最近の低調なチームパフォーマンスを、
この試合でも継続して発揮している韓国だけど、
さすがに相手が日本となると目の色を変えて挑んでくるだろうし、
ケガに気を付けて返り討ちにしたいところやね。

獲っても獲らなくても然したる変化のないタイトルと先述したけど、
せっかく自国で開催される大会でタイトル獲得のチャンスがあることだし、
獲れるものは獲って、すっきりと2017年の日本代表の活動を締めくくりましょう。




にほんブログ村










コメントを投稿