2012年1月29日

麒麟の翼



前回の更新からちょっと日が空いてしまいました。

なんか書かなきゃなとは思うんやけど、
オフシーズンということもあってネタが無いんよね。

AOQLOのオフ企画も2011年中に書いちゃったし。

でも、このまま放置しておくのもアレなんで、
久し振りに映画を見た感想でも書こうかなと思う。



俺が見に行ったのは、東野圭吾原作の『麒麟の翼』
人気の加賀恭一郎シリーズの作品やね。


もともと、東野圭吾の作品って、実写化し易い…というか、
それを前提に書いてるようなところもあるし、
TBSの連ドラで加賀恭一郎シリーズの『新参者』を放送していた事も相まって、
なかなか完成度の高い作品に仕上がってるなという印象。

個人的に、阿部寛の加賀恭一郎はハマり役だと思ってるので、
楽しんで見る事ができたわ。

この作品では、被害者・青柳武明の長男、青柳悠人が、
中学時代に所属していた水泳部で、後輩の吉永を死なせてしまった事故が、
重要なファクターとなっているんやけど、原作では、読み進めて行くうちに、
吉永の事故がポンっと出てくる感じやったのに対し、
映画では、冒頭あたりの悠人と武明の回想シーンで、
事故を匂わすようなやりとりが伏線として敷かれてたね。

この、冒頭の部分で敷いた伏線が、
八島冬樹の容疑が晴れ、徐々に疑いの矛先が青柳悠人とその仲間に向かう場面で、
上手く回収されたことにより、物語の展開を面白くしてたと思う。

他に気になった点と言えば、最初に殺人の疑いが掛けられた八島冬樹は、
原作ではもっと職探しに困っている状況が描かれてるんやけど、
映画ではそこまでじゃなかったかな。

まあ、原作は結構長いし、2時間の枠で収めるために、
どっか削らなアカンのはわかるけど、
もうちょっと八島と中原香織をみすぼらしく見せても良かったんじゃないかなと思う。

でも、気になったのはここぐらいで、全体的には良い作品やった。



ブログを遡ると、映画館で映画を観たのは、
去年の3月以来で、ほぼ10カ月ぶりということにビックリした。

久し振りやったけど、やっぱり、大きなスクリーンで見るのと、
レンタルDVDで見るのとは、臨場感が違うってのを再認識したから、
また近いうちに映画館に来たいところやね。

まあ、でも、この調子でいくと、マスカレードホテルも映画化されそうな気がするから、
そのうち東野圭吾原作の映画を見に映画館へ行く事になるやろうね。
















コメントを投稿