2012年2月5日

この世代には、これぐらいの苦労も必要だ



日本12シリア


見慣れない新ユニのせいなのか、前半からどうもパッとしない日本。

この試合の日本は、マイボールになったら、1トップに入った永井を、
シンプルにDFラインの裏へ走らせる戦術を敷いてきたけど、
2列目の選手が、永井とどう絡んでいいのかイメージできてないように見受けられたし、
それによってセカンドボールも上手く拾えなくて、効果的な攻撃ができてなかったね。

オマケに、前半16分という早い時間に山崎が左腕を痛めて負傷退場すると、
交代で入った大迫が、最初のプレーでオウンゴールを決めてしまうという、
まさに泣きっ面に蜂。

まあ、オフシーズン明けの一発目の試合やから、
そんなにいい試合ができると思ってなかったけど、
どうにもこうにも流れの悪い前半やった。

でも、そんな流れの悪い中、前半のロスタイムに、
試合を振り出しに戻した永井のゴールは素晴らしかったね。

自陣の低い位置から出たロングフィードを大迫が前線で収め、
大迫のパスに、スピードを活かして抜け出した永井が、ワンタッチで決めるという、
2人の良さが存分に生きたゴールやった。

このゴールを見た時は、後半逆転できそうやなって思ったんやけども。



後半に入ると、前半の課題が修正され、セカンドボールも拾えるようになり、
日本がボールを支配する時間が増えたね。

ただ、マイボールになった時に、急いで攻めるのか、
ゆっくり行くのかが、チーム全体で共有できてないように感じたね。

キャプテンの山村に、そこらへんをコントロールして欲しかったんやけど、
故障による長期離脱から復帰したばかりという影響もあってか、
どうも物足りなかった。

山村と交代で出てきた扇原が良いプレーをしてただけに、
余計そう思うのかもしれへんけど。

まあ、鈴木大輔と大迫のどっちかが、
後半にあった決定的なシーンを決めといてくれたら、
こんな不満を垂れる事も無かったんやけどね。



結果は、後半の終了間際に、
シリアのアルサリフに勝ち越しゴールを奪われ、敗戦。

それにしても、敵ながらすごいシュートやったな、
あんなの10回蹴って1回入れば良い方やと思うわ。

まあ、そんなシュートを決められてしまうあたり、
この試合は最初から日本の流れじゃ無かったんやろうなと思う。



これで、ロンドン五輪出場に黄色信号が灯ったけど、
俺はこの敗戦は良い薬だと思う。

予選全勝でロンドン五輪に出場したところで、
1勝もできずに帰国するのが関の山やと思うしね。

プレーオフに回って、ギリギリの戦いをくぐり抜けて、
五輪の切符を掴む方が、メンタル的にもタフになれるやろうし、
チームの結束も強くなるやろうしね。

まあ、選手達は、この敗戦にショックを受けているかもしれへんけど、
チームが成長するために必要なステップやと受け止めて、
次戦のマレーシア戦に全力で臨んで欲しいなと思います。



にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ










コメントを投稿