2013年2月23日

Jリーグ王者にミラーゲームを挑むのは蛮勇だと思う



約1ヶ月ぶりの更新です。

この1ヶ月、身内にあまり喜ばしくない出来事が立て続けに起こってしまって、
バタバタしていたこともあり、あまりブログを更新する気が起きなかったんやけど、
蹴春到来を告げる、ゼロックスのタイミングに合わせて、
また元気にブログ再開といきたいと思います。


サンフレッチェ広島10柏レイソル


広島の布陣はお馴染みの3-4-2-1。

昨シーズンからの変更点と言えば、
浦和に移籍した森脇のところに、塩谷が入っただけで、
基本的には、Jリーグを制した去年のやり方を踏襲といったところか。

そして、驚かされたのが、柏も広島と同じ布陣、
3-4-2-1を敷いて、この試合に挑んできたということ。

先週のちばぎんカップでもこの布陣をテストして、0-3で大敗を喫したのにも関わらず、
2週続けてこの布陣を敷いてくるとは、
ネルシーニョは、2013年はこのやり方でいくって決めてるんかね?

広島相手にミラーゲームを仕掛けて、逆に返り討ちにされるという、
去年の開幕戦での浦和と同じ轍を踏みそうな臭いは、
試合前からプンプンしてたわ。



ところが、試合前の予想と反して、キックオフ直後から試合のペースを握ったのは柏。

組織としての成熟度はイマイチでも、レアンドロ・ドミンゲスや、
ジョルジ・ワグネルといった、個人技に長けた選手がいるから、
なんだかんだボールを前まで運んで、チャンスを作ってしまうという印象。

この良い時間帯に工藤に2回ほど決定機が訪れたんやけど、
これを決められなかったのが、痛かったかな。

対する広島は、前半の20分過ぎぐらいから、
ボールをポゼッションすることでリズムを掴み始めると、
前半29分に、青山が左サイドから上げたクロスを、
ニアサイドで水なんとかさんが、後ろに逸らし、
これを佐藤寿人がジャンピングボレーで菅野の守る柏のゴールに叩き込んで、
広島がセンセーショナルな形で先制!!

正直、あんまり寿人って好きな選手じゃないんやけど、
あのゴールは素晴らしいと言わざるを得ないわ。



1点ビハインドになったことで、柏はハーフタイムあたりで、
去年までの慣れ親しんだ4-2-3-1に戻してくるかなと思ったけど、
結局、試合が終わるまで変更無し。

正直、1トップを務めたクレオや、右サイドに入ったキム・チャンスは、
フィットしているとは言い難いし、
運動量に欠けるジョルジ・ワグネルの左WBでの起用は厳しいように感じた。

柏の左サイドと言えば、橋本和のアップダウンが、
良いアクセントになってたと思うんやけど、
今、ケガでもしてるんだろうか?

まあ、なんにせよ、ネルシーニョがこの先も3-4-2-1に拘るんであれば、
柏のファンはちょっと辛抱が必要かなと感じたね。



1点リードを奪ってからの広島は、ブンブン振り回してくる柏のパンチを、
ひらりひらりと受け流しながらカウンターを仕掛けるという、
昨シーズンのJリーグ王者の貫録さえ感じさせる戦いぶりやった。

寿人を早々にベンチに下げるなど、ミッドウィークに控えている、
ACLを睨んでの用兵術にも余裕を感じられたね。

ただ、ACLでは浦項、北京国安、ブニョドコルといった、
かなり厳しいグループに入ってるし、
特に、Jリーグでは見られない、韓国、中国勢のフィジカル的な戦い方に、
どれだけ対応できるかと言うのが、見どころではあるね。



いよいよ来週からJリーグが開幕。

あの、失意の12月1日から、もう4ヶ月が経つのか…。
ついこの間のように感じられるけど、月日の流れは早いもんだな。

今年は、ゼロックスを戦った両チームとは、戦うステージが異なるけど、
1年でまたJ1の舞台に帰って来れるように、
また頑張って応援していきたいと思います。














コメントを投稿