2014年7月27日

リーグ中断前と高低差ありすぎて耳がキーンってなるわ



ガンバ大阪51ヴィッセル神戸


三木谷のゲスい商売人根性の被害を被って、
ヨソよりも高い入場料払ってるんだから、
これぐらい楽しませてもらわないと割にあわないよね。

まあ、僕はTV観戦だったので、入場料云々はあんまり関係無い話ですが。



前節、中盤の守備がゆるゆるの清水を見ていることも相まってか、
この日の神戸は、随分と球際を激しく来てるなという印象。

もはや神戸と対戦する時の代名詞となった遠藤へのマンマークのタスクを、
シンプリシオがきっちりとこなしてきたことで、
前半は、DFラインの裏へパトリックを走らせるという攻撃が、
思うようにできなかったね。

ところが、そのシンプリシオは、遠藤をマークしても、
宇佐美のマークをするのを忘れてしまっていたみたい。

宇佐美にバイタルエリアであれだけ時間とスペースを与えれば、
自ずと行く先は見えるでしょうに。



幸先良く先制点を挙げたガンバやったけど、
直後に西野がペナルティエリア内でハンドを取られてPKを献上。

このPKをマルキーニョスに決められて、同点に追いつかれてしまった。

西野のハンドは手に当たってしまったという感じのもので、
故意じゃないのは明白やったから、誰も彼を責める事はできないと思うんやけど、
失点直後の西野の表情は、責任を感じてるように見えたね。

まだ若い選手だけに気落ちしなければいいんやけどって思ってたら、
汚名返上の機会はすぐに訪れた。

遠藤のFKをファーサイドで西野が折り返すと、
ニアでフリーになった宇佐美が決めて、再びリードを奪うことに成功。

宇佐美はこの試合で神戸キラーの名をより確固たるもにしたね。

チームとしては、前節の清水戦に引き続き、セットプレーから得点を挙げたわけやけど、
この試合に関しては、ガンバのセットプレーの精度が上がっているというより、
神戸守備陣のセットプレーの際のゾーンディフェンスがあまりにもザルすぎた。

高さのある選手を揃えているのにも関わらず、
一番警戒すべきパトリックをセットプレーで2回もフリーにするなんて、
まるで自ら勝ち点を差し出してくれてるみたいやったわ。



後半になって押し込まれる展開が増えたけど、
これは、得点差を考えて、運動量をセーブするために、
ガンバが中盤での圧力を弱めたからだと思ってるので、
そこまでネガティヴには考えていない。

東口の好セーブでピンチを凌ぐ場面もあったけど、
人数を掛けて守っている中央のスペースに、
神戸の攻撃陣が思惑通りに突っ込んできてくれたおかげで、
全体的には上手く守れていたんじゃないかなと思う。

それにしても、ペドロなんとかさんは、
あの場面を決められないなんて、相変わらず芸が無いですな。

浮き球のトラップでDFを翻弄してジャンピングボレーを決めた、
ウチの阿部君を見習ってみてはどうですか?



これでリーグ再開後3連勝。

11得点1失点で順位も8位まで上げてきました。

次節は10位のマリノスと万博で対戦するわけやけど、
8月は上位との対戦が少ないだけに、ここで勝ち点を稼いで、
上位争いに食い込んでいきたいところやね。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ










コメントを投稿