2014年8月17日

パトリックブーストはもう燃料切れなのか



ガンバ大阪01名古屋グランパス


前半の早い時間帯に、藤春のクロスから、
パトリックがクロスバーを叩く強烈なシュートを放った時は、
今日も行けると思ったんやけど、その後の試合運びは、
5連勝中のチームとは思えないほど拙いものやった。

パトリックと宇佐美は、それぞれ闘莉王とダニルソンに完全に封じ込まれ、
阿部と倉田の2列目も、連戦による疲労からか、
普段の運動量とアタッキングサードでのキレを発揮できず、
DFラインに至っては、自陣で何度も致命的なミスを犯し、
相手のミスや東口の好セーブに救われる始末。

特に、イケメンの西野には、
永井の顔がパンストを被っている強盗にでも見えたのか、
前線からのチェイシングに対し慌てふためいていたね。



それでも、なんとか無失点で試合を進め、
後半22分に二川と米倉を同時投入し、流れを変えることに成功したかと思いきや、
レアンドロ・ドミンゲスにスーパーボレーを決められて痛恨の先制点献上。

遠藤の軽い守備に関しては、今に始まったことじゃないので、
今さらとやかく言うつもりは無いけど、日本代表監督が変わっても、
自分は代表のレギュラー確定だとでも思っているのだろうか。

代表戦が近づくと、直近のリーグ戦で力をセーブするのは、
いい加減やめていただきたいんだけど。



1点ビハインドになって、オ・ジェソクを下げてリンスを投入し、
米倉をSBに下げたけど、これが悪手。

逃げ切り態勢に入った名古屋陣内に、
リンスが活きるスペースなどあるはずもなく圧死。

同点に追い付くために流れを変えるどころか、
ダイブというアンスポーツマンライクなプレーで、
醜態を晒しただけやった。



この連勝がずっと続くわけがないとは重々承知はしていたものの、
連勝が止まった試合がこうも煮え切らないものだと、
どうもモヤモヤした感じが残っている。

でも、東口がGAZZETTAのインタビューで言っていたように、
サッカーのストレスはサッカーでしか晴らせない。

幸い、ミッドウィークに天皇杯の徳島戦、
その週の週末にはリーグ戦の甲府戦と、挽回のチャンスはすぐにある。

思えば、このリーグ5連勝も、W杯期間の中断明け初戦の天皇杯で金沢を破り、
次の万博での甲府戦に勝利してから始まったものなので、
似たようなシチュエーションで仕切り直すのも良いと思うしね。

またここから勝ち星を積み重ねていくことを期待してます。




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ








コメントを投稿