2014年8月31日

万博にてFW禁制のゴールパーティ開催



ガンバ大阪50アルビレックス新潟


これだけ大差がついた試合だったのにも関わらず、
両チームのシュート数が同じだった事を考えると、
決定力の差が勝敗を分けたと言ってもいいやろね。

パトリックが右に流れて受けるパターンが研究されていたり、
宇佐美が不発だったりと、FW2人のパフォーマンスは今一つだったけど、
FW以外のポジションでプレーした選手だけで5点取ったっていうことは、
どこからでも点が取れるチームだということで、素直に評価してもいいかなと思う。

対する新潟というチームに決定力の話を絡めると、
どうしても川又が移籍してしまった事が頭をよぎってしまう。

しかも、新潟の選手がイージーなシュートミスを連発する中、
その川又は、川崎相手に移籍後初ゴールを決めているとは何たる皮肉だろうか。



とは言え、前半30分ぐらいまでは、
これだけ大差がつく試合になるとは思ってもみなかった。

どちらかと言うと、新潟ペースで試合が進んでいるように見えたしね。

名古屋戦でケネディにもやられてしまったけど、
新潟の長身FWの指宿がガンバのSBのところで起点を作って、
CBをサイドに引きずり出し、空いた中央のスペースを他の選手に使わせるというやり方で、
何度か危ないシーンを作られてしまった。

まあ、米倉、藤春という超攻撃的な両SBで試合に臨んでいる以上、
仕方のないところではあるけどね。

ただ、オ・ジェソクがケガから復帰し、この試合からベンチに入っていたので、
バランス重視の長谷川監督の性格を考えると、
来月からは、解決の目途がつきそうなのが幸いやね。

あと、ケガ人の復帰と言えば、阿部が戻ってきてくれたのも大きいね。

今のガンバのサッカーは、2列目の選手に非常に運動量を課すので、
疲労を考慮してローテーションするために、頭数は揃えとく必要があるしね。

あとは、大森の復帰が待たれるところかな。



次節はアウェイで広島戦やけど、その間にナビスコ2連戦と、
天皇杯の4回戦があるという、なかなかハードな日程やね。

ただ、ケガ人が徐々に復帰しつつあるし、
幸か不幸か、ガンバからは代表に1人も招集されなかったので、
ほぼベストメンバーで戦えるのが大きい。

この新潟戦のゴールラッシュで蚊帳の外だった宇佐美には、
得意の神戸戦で気を吐いて、準決勝進出に貢献してもらいたいね。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ










コメントを投稿