2014年9月4日

同じ神戸での試合でも御崎公園でのようにはいかなかった



ガンバ大阪11ヴィッセル神戸


神戸キラー・宇佐美の先制ゴールで幸先良く先制するも、
シンプリシオの浮き球のスルーパスから、
マルキーニョスのニアの天井を撃ち抜くシュートと言う、
難易度の高い技のコラボレーションで同点にされ、ドロー決着。

佐藤とリンスの2トップになってから勝ち越せるイメージが湧かなかったので、
ドローに持ち込めて御の字としときますか。

でも、一般的に、アウェイゴールを得てのドローと言えば聞こえは良いものの、
万博で神戸が1点でも挙げれば、そんなアドバンテージは無くなるわけなので、
日曜日に行われる2nd legへ向けて、そこまで有利になったとは思わない。

ペドロなんとかの得点が、増川のファウルで取り消されたり、
マルキーニョスのFKがポストを叩いたり、
小川に対するPKを取られてもおかしくないようなファウルを見逃してもらったりと、
運や審判の判定が味方してドローに持ち込めた試合だった感じがあるので、
むしろ、日曜日に向けての展望がネガティヴなものになってしまっているぐらいやわ。



そんな悲観的な要素が目立つ試合において、
阿部とオ・ジェソクがスタメンに戻ってきたのは朗報。

2人ともまだ本調子とは言い難かったけど、
揃って90分フル出場するなど、フィジカル的には問題無さそうやね。

パトリックのメッキが剥がれつつあり、
得点を期待できるFWが宇佐美1人という状況なので、得点力のあるMFの阿部には、
今まで以上にゴールという結果を期待したいところ。

オ・ジェソクに関しては、接触プレーで、前半早々にパイナップル頭になりながらも、
精力的にサイドのアップダウンを繰り返していたね。

攻撃面での貢献は少なかったけど、CBがサイドに吊りだされた際の、
中へ絞っての球際の強いディフェンスは、
本当に頼りになるというのを再認識させられたわ。

ここに大森が復帰すれば、ケガ人はゼロということになるけど、
入れ替わりに、西野がU-21日本代表の試合で離脱するんよね。

CBでレギュラーの座を勝ち取った感のある西野の離脱は痛いけど、
ここ数年、ガンバの若手選手が年代別の代表に選ばれる機会って少なかったので、
西野には代表の試合や練習を通して得たものを、
ガンバに還元してくれることを期待したいね。



中3日で2nd legを戦うという過密スケジュールやけど、
アウェイゴール云々は頭の中から消して、
シンプルに試合に勝つことだけに集中して試合に臨んで欲しいね。

神戸キラーの宇佐美が、またもその真価を発揮して、
ガンバを勝利に導いてくれることを期待しています。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ










コメントを投稿