2014年9月8日

神戸シリーズが終わり、次は広島シリーズ。来月は川崎シリーズですか!?



ガンバ大阪30ヴィッセル神戸


もう神戸のサポーターは宇佐美の顔を見るのが嫌になったことだろう。

この試合でもゴールを決め、なんと7試合連続9得点という、
神戸相手に個人的な恨みでもあるんじゃないかと思うぐらいのキラーぶり。

でも、さすがに神戸の選手も、これ以上宇佐美にやられてたまるかと思っていたようで、
この試合では、河本を筆頭に、いつも以上にアフター気味のチャージを多く繰り出し、
ゴール前では人数を掛けて宇佐美を潰しにきたね。

一応、この方法では宇佐美を封じることに成功してたけど、
バックパスを宇佐美にかっさらわれて決められてしまうという、
いかにも神戸らしい詰めの甘さを露呈。

こんなラフプレーまがいの戦い方でトーナメントを勝ち上がれるなんて、
そんな都合の良い話無いって事ですよ。



まあ、宇佐美がこれだけマークされるってことは、
その分、他の選手のマークが緩くなるという事が考えられる。

かつて神戸と対戦する時は、遠藤に対してマンマークがつくことが多かったけど、
神戸相手にキラーぶりを発揮し始めた宇佐美にマークが流れるようになってから、
遠藤が前を向いて伸び伸びとゲームメイクできているなと思うし、
倉田の3点目のゴールも、宇佐美が右サイドに神戸の選手を引きつけておいて、
左サイドへ空いたスペースに振ったパスから決まったもの。

今のガンバは、宇佐美一人を抑えようとしても、
他の選手が、自分のマークが甘くなったのを生かして仕事をできるチームやから、
その手は通用しないですよ、神戸さん。

ただ、そんな宇佐美の恩恵に一番授かっているはずのパトリックが、
ドフリーのシュートをあれだけ決められないのはいかがなものかと思うけども。



これでガンバは3年振りのナビスコカップ準決勝進出。

3年前は浦和に負けたんだっけか。

ここまで来れば、準決勝で川崎を降して、
優勝した2007年以来の決勝のピッチに立ちたいね。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ











コメントを投稿