2014年9月10日

ニューフェイスの活躍を帳消しにするベテラン勢



日本22ベネズエラ


先週のウルグアイ戦を見た限りではどうなることかと思ったけど、
1トップにポストプレーができる大迫、中盤にゲームメイカーの柴崎を置いた事で、
ウルグアイ戦のような意図の無いロングボールを前線に蹴り続けるような、
眠たくなる展開にはならなかった。

ただ、ベネズエラは、アンカーの森重の横のスペースに侵入して、
ミドルシュートを積極的に打ってきたり、
ザッケローニ時代からの日本の弱点でもあるセットプレーから、
何度も日本のゴールを脅かしてくるなど、
カバーニのような世界的なストライカーを擁していたウルグアイよりも、
攻撃に迫力があったね。

まあ、ベネズエラは日本に来る前に韓国で親善試合をしてきたので、
時差の影響があまり無く、いつもより動けていたっていうのもあるかもしれへんけど。



前半はやや押されながらもスコアが動かず、
落ち着いた感じの試合やったけど、
後半はザックジャパンを彷彿とさせるような大味な試合になったね。

口火を切ったのは、柿谷に代わって後半から入った武藤。

相手選手のチャージにバランスを崩しても、
ドリブルを続けた体幹の強さもさることながら、
本田がフリーでもパスを出さずに、左足で豪快にシュートを決めてみせたあたり、
良い意味で代表に染まってないなと思ったね。

ドリブルしてたのが香川や清武だったら、
本田に気を遣ってパスを出していたと思うし。

ただ、せっかく良いプレーして得点を挙げたのにも関わらず、
その後消えてしまったのが、残念。

1点取って満足してしまったんだろうか。



武藤の先制ゴールで幸先良く先制したのも束の間、
水本が自身のパスミスを取り返そうとボールホルダーにチャージし、
ペナルティエリア内で痛恨のファウル。

右足でボールを持っている選手に対して、
左後方から足を伸ばしてたところで、ボールが奪えるわけないだろうに。

そんなお粗末な守備で献上したPKを川島が止められるはずもなく、
あっさりと同点に追いつかれてしまった。

ウルグアイ戦に引き続き、守備陣のミスからの失点で、
うんざりした気持ちになったけど、溜飲を下げたのは柴崎のハーフボレー。

岡崎の左サイドからの折り返しを決めたゴールやったけど、
難しいバウンドをよくふかざすにコースへ蹴り込んだと思うわ。



ところが、そんな喜びも束の間、
川島がベネズエラのミドルシュートをファンブルしてゴールを決められてしまい、
試合はまたも振り出しに。

誰も人に寄せれなかったっていうエクスキューズはあるけど、
正面に飛んできたボールやねんから、せめて前に弾いてほしかったね。

招集した選手は全員起用したいって言ってたからには、
GKに西川を起用しても良かったんじゃないかと思ってたけど、
この失点を見て、その気持ちはより強くなったわ。



後半になって急に試合が動いたけど、結局、試合は2-2のまま終了。

攻撃に関しては、ウルグアイ戦より改善したけど、
守備に関しては、崩されているというより、
自分達のミスでピンチを招いている感があり、どうも心許ない。

アギーレが監督になってまだ2試合目やけど、
来年1月のアジアカップまで半年切っているので、
そんな悠長な事言ってられないしね。

アジアカップで3位以内に入らないと、
W杯前に、アジアカップ予選を戦わないといけなくなるから、
重要な親善試合の場が削られるという由々しき事態になりかねん。

個人的には、アジアカップまでザックジャパンのベースで戦って、
アギーレの色を出すのはそこからでも遅くないと思ってるんやけど、どうなんやろ。

まあ、その辺は、来月行われるジャマイカとブラジルとの親善試合の戦い方で、
見えてくるのかなと思うので、しばし静観といきますかね。



にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ










コメントを投稿