2017年11月15日

リールとブルージュで何を得たのか



日本01ベルギー


ベルギーのスタメンを見て、随分豪華な顔ぶれだなと思ったけど、
これでもクルトワがベンチに座っていて、
アザールとナインゴラン、カラスコ、アルデルヴァイエルトはメンバー外って、
どれだけ層が厚いんだろうか。

ただ、これほどのタレントが揃っているのなら、
国際舞台でタイトル争いをしていてもおかしくないのだけど、
煌びやかな個が組織にイマイチ還元されていないのが、
ベルギーというチームの課題でもあるのかなと思う。

まあ、試合に負けておいてこんなことを書くのもみっともないけど、
実際、この試合でも、個の力による単発の攻撃が多く、
組織として崩してくるような場面はあまり無かったしね。



対する日本は、先日のブラジル戦のスタメンから、
長谷部と長澤が入れ替わっただけで、残りのメンバーは同じ。

アジア最終予選のオーストラリア戦を戦ったメンバーが、
ハリルホジッチの中のベストメンバーなのかなと思っているのだけど、
例外的に、槙野の序列が上がってきたのが目を引くところやね。

そう言えば、今週末に控えるACLの決勝に備えて、
浦和所属の選手の起用法は考慮すると言っていた気がするんだけど、
その話はどうなったんだろうか。

まあ、ガンバサポの自分が気にするところでは無いんだろうけど。



試合の方は、戦前の予想通り、ホームのベルギーが主導権を握る展開になったものの、
日本としても、浅野が良い形でボールを受ける形が多く、
右サイドからチャンスを作れそうな気配はあった。

ただ、この浅野という選手は、スピードという部分では魅力がある選手なんだけど、
足下の技術の拙さと、ボールを持った時のアイデア不足が目に付いて、
実際、この試合でも何度もチャンスを潰している感があった。

かと言って、その浅野との交代で出てきた久保に関しても、
昨年の今頃の飛ぶ鳥を落とす勢いは感じられず、
ハリルホジッチが求めるデュエルでの弱さを露呈しているので、
両者とも右サイドのレギュラーを張るには物足りなさを感じるね。

メキシコで調子を上げてきているあの人が、
結局のところ、代表に必要という結論に落ち着いてしまうのだろうか。



また、何度かこのブログでも書いている話だけど、
山口は、井手口と同様に、広範囲を動き回ってこそ本領を発揮する選手だと思うので、
アンカーというポジションで全体のバランスを取りながら、
スペースをカバーするような役割は、彼の良さを殺していると思う。

じゃあ、この試合のように長谷部が欠場した際は、誰がアンカーに適任かと問われると、
すぐに名前が思い浮かばないのが悲しいところ。

右サイドと同様に層の薄さを再認識させられることになってしまったね。



ブラジルとベルギーという強豪相手と対戦する機会に恵まれた、
今回の欧州遠征だったけど、正直、そこまで収穫は多くなかったように思う。

ただ、例年であれば、今月で代表の活動は終了となるところが、
今年はE-1サッカー選手権という大会が来月に予定されているので、
今回の欧州遠征で出場機会が無かった選手たちは、
ここでアピールできるように奮起して欲しいところやね。

僕も、久々に代表戦を観戦しに行こうと計画しているので、
是非とも良い試合が見たいものです。




にほんブログ村











コメントを投稿