2014年3月16日

仙台まで行って守備練習を見て来ました。



仙台行ってきました。





ガンバ大阪00ベガルタ仙台


90分間でシュートはリンスが苦し紛れに打った1本のみ。

「もっと積極的にシュートを打てよ」って言うけど、
実際には、シュートに行けそうな場面すらほとんど作れていない状態。

まるで、ガンバが攻める方のゴールマウスは、
仙台が攻める方のそれよりも倍以上の距離があるんじゃないかと思うぐらい、
ゴールが遠かったわ。

まあ、この3試合、DF陣と新守護神・東口の奮闘で、
なんとか勝ち点4を稼ぐことができたけど、
ディフェンスだけで勝ち取れる勝ち点は1が限界やからね。

勝ち点1を3にするには、ゴールが必要やから、
一日も早い攻撃陣の復活に期待したいところやわ。



この試合では、先の2試合の好パフォーマンスが評価されて、
大森が先発出場を飾ったけど、コンパクトに守る仙台の中盤に、
ことごとくドリブルを封じられ、これといった見せ場も無く、
米倉との交代を告げられてしまった。

ただ、この試合で必要だったのは、大森でも米倉でも無く、
二川だったんじゃないだろうか。

この試合の仙台はDFラインを高めに敷いてきてたから、
佐藤や倉田が広く空いたDFラインの裏を狙う動きをしていたけど、
オフサイド8回っていう回数が示すように、
そこにタイミング良くパスが出ていたと思えないんよね。

二川だったらあの仙台のDFラインの裏のスペースを、
上手く使えそうなイメージが俺の中にはあったんだけどな。

あと、シュートが少ない展開だったら、
シューターの阿部を使っても良かったと思う。

まあ、今季はまだ公式戦に1試合も出ていないけど、
せっかくベンチに入れたんやし、交代枠を1つ余らせるぐらいやったら、
それぐらいの事は試しても良かったんとちゃうかな。

今の攻撃陣で一番期待できそうなのがリンスやねんけど、
ボールタッチはワクワクさせてくれるものがあるものの、
いかんせん、悲しいぐらいに周囲と合ってないからな。

宇佐美待望論やむなしといったところか。



次節は万博で広島とやけど、
その前にナビスコカップのグループリーグ神戸戦があるのか。

ナビスコカップのグループリーグを戦うのは、
優勝した2007年以来、7年振りとのことで、
どうりで久し振りな感じがするわけだ。

まあでも、正直、そこまで躍起になって
獲りに行くようなタイトルでもないと思うので、
リーグ戦とは違う事を試して欲しいなと思う。

GKに河田、CBに西野、FWにリンスとかね。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ












コメントを投稿