2014年3月2日

J1復帰を勝利で祝えるなんて、そんな都合良くはいかない



万博行ってきました。



ガンバ大阪01浦和レッズ


2年振りのJ1開幕戦という事で、昂るものがあったのですが、
いやはや、しょっぱい試合になってしまいましたな。

まあ、昨年のJ1で6位、ACLにも出場しているチームと、
J2から上がってきたばかりのチームとの対戦結果としては、
妥当なものだったのかもしれないけどね。

ただ、以前、J1にいたときは、浦和に敗れるとすごく悔しかったのに、
今回の敗戦をすごく淡々と受け入れている自分がいることに対し、
違和感を感じているのも事実なんやけども。



2年振りにJ1で戦うにあたって、どうしても気になるのが、
守備がどの程度改善されているかっていうこと。

J2降格の憂き目に遭った、最大の要因でもあるからね。

ただ、これに関しては及第点の出来やったと思う。

セットプレーの守備をゾーンで行っているせいか、
1回跳ね返した後の役割分担がはっきりしていなくて、
二次攻撃でやられるっていうのは、J2で戦っていた昨年から見られた傾向。

そこを修正できていなくて、槇野に決められてしまったのは残念だったけど、
それ以外の場面は守備意識も高くて、ボールを支配される時間が長かったのにも関わらず、
よく体を張って守れていたかなと思う。

ただ、守から功への切り替えが遅くて、
奪ったボールを良い攻撃に繋げられていなかったのが、よくなかったね。

特に、GKの東口が、早めにボールを出そうとしているのに、
受け手が全然準備できていない場面が多かったのが気になった。

まあ、前任者の時はGK起点のカウンターなんてやってなかったから、
チームの攻撃オプションに無いことがそうさせているかもしれんけど、
どうも東口の能力を無駄遣いしている気がする。

あ、遅くなりましたけど、東口、最高でした。

ケガに気をつけてこれからもよろしく頼みます。



攻撃陣に関しては、かなり心配。

今シーズンのチーム編成が物語るように、
今季のガンバの攻撃は宇佐美ありきで考えられているところがあるから、
その宇佐美がいないとなれば、あとは言わずもがな。

昨季の浦和は守備に対してルーズな印象があったから、
つけいる隙はあるかなと思っていたけど、
ボールを奪われると素早く帰陣して5-4-1のブロックを敷くという、
手堅い方法を採用してきたから、スペースが無くてボールを前に入れられなかったし、
前述の宇佐美のような個で打開できる選手もいないから、
どうしても後ろで回している時間が長くなってしまっていた。

ただ、後半投入された、大森とリンスの動きには光明。

ドリブルで仕掛けられる大森は、
宇佐美のいない今のチームでは良いアクセントになると思うし、
リンスに関しても、ブラジル人ストライカーにありがちなサボる様子は無く、
よく走ってボールに絡もうとしていたね。

ただ、雨の万博のピッチに慣れていないのか、滑って転びまくっていたけど。

シジクレイとか、スパイクのチョイスをアドバイスしてくれるコーチは、
おらんのかと思ってしまったわ。



次節は、アウェイで新潟と対戦。

2節目にして東口の凱旋試合となるので、本人も奮起しているやろし、
頑張って恩返ししてもらいましょうか。

懸念の攻撃陣に関しては、後半の布陣を頭から見てみたいね。

3月の2週目の新潟って、まだまだクソ寒いやろうけど、
防寒対策をバッチリして、乗り込んできますよ。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ











コメントを投稿