2014年3月23日

勝てなかったと見るか、負けなかったと見るか



ガンバ大阪11サンフレッチェ広島


ゼロックスでマリノスを難無く退けた広島を見て、
正直、「このチームに勝つのはしんどいな」って思ったんやけど、
この日、万博のピッチにいた広島は、十分付け入る隙のあるチームやった。

ケガ人とか、この試合に限って言えば万博に対する苦手意識とか、
色々な要素が絡んでくるし、いくらJリーグを連覇しているチームでも、
長いシーズンをずっと同じパフォーマンスで戦う事は難しいんやろね。



水曜日のナビスコカップで復調の兆しのあった攻撃陣は、
その良い流れをこの試合に持続してきたみたいで、
前半から、広島のゴールに迫る場面が多かったね。

守備陣に至っては、確率の低いミドルシュートを放たれる事はあっても、
ペナルティエリア内ではほとんど勝負をさせず、
この日も安心して見ていられたね。

そんな良い流れで試合を進めていると、先制点が入るのも時間の問題で、
加地がDFラインの裏へ出したパスに阿部が抜け出し、
折り返したボールに合わせたのは、この日FWで起用された遠藤。

ボランチが本職と言いつつ、FWで起用されたり、2列目で起用されたりと、
このチームでは、どこのポジションで起用するのがベストなのか、
よくわからん感じになっている遠藤やけど、
それでもなんだかんだで目に見える結果を残してしまうのが、
この男のスゴイところではあるんよな。



後半に入ると、広島にもチャンスが増え始めたね。

まあ、柏や野津田を入れて、活性化を図ったのもあったんやろうけど、
ガンバの方も、低い位置でボールを失う回数が多かった。

前半はすごく気持ちの入った良い試合をしていただけに、
後半のミスの多さは残念やったわ。

ただ、それでも、守備陣の奮闘で大事には至って無かったんやけど、
後半15分に丹羽が痛恨のPK献上。

これを佐藤寿人にきっちりと決められて、同点に追いつかれてしまった。

まあ、厳しい判定ではあったけど、いつぞやの万博での広島戦で、
ルーカスが足滑らせて転んだだけなのにPKを貰ったっていう試合もあったから、
これでチャラということにしときましょう。



その後、両チームにチャンスは訪れるものの、
どちらも決める事ができず、勝ち点1を分け合うと言う結果に終わりました。

次節はアウェイで鳥栖と対戦するわけやけど、
降格した2012年シーズン、鳥栖にはホームとアウェイ両方で、
こっ酷い負け方してるから、ここで一矢報いとかんとね。

播戸や安田のようなガンバにもゆかりのある選手もいるから、
ガンバお得意の恩返しされんように気をつけながら、
勝ち点3を目指して戦ってほしいね。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ









コメントを投稿