2014年3月30日

天敵・鳥栖に三度目も屈す



3月末で退職するので、職場で送別会を開催してもらったんやけど、
盛り上がって3次会まで突入してしまい、終電で帰宅。

いつも、サッカーの試合で遠征する前日の飲み会は、
1次会で帰ることが多いんやけど、さすがにこの日は自分が主賓やったから、
帰るわけにもいかんかったんよね。

翌朝、7時40分の飛行機で羽田から博多へ飛んだけど、
おかげで、家出てから博多のホテルまでの記憶がほとんど無いわ。


そんな自分の話はここまでにしておいて、鳥栖に行ってきました。




駅近で、ピッチとスタンドの距離も近くて良いスタジアム。

できれば、晴れてる日に来たかったね。


ガンバ大阪02サガン鳥栖


試合前の報道では、加地と安田の舌戦(?)みたいなのが繰り広げられていたけど、
加地が故障でまさかのベンチ外。

おまけに米倉も故障という事で、右SBに入ったのはオ・ジェソク。

加地とのマッチアップに燃えていた安田から見たら、
肩すかしを食らった格好になったやろうけど、
ジェソクは鳥栖のストロングポイントである左サイドを、
体を張ったディフェンスでよく抑えていたと思う。

ただ、攻撃に於いては、右MFに入った阿部との連携不足と、
阿部自身のプレーがイマイチだったこともあって、
あんまり良い形は作れてなかったね。

阿部は、ドリブル突破も無いし、パスも上手くないから、
今、起用されている右MFが最適なポジションかと言われると難しいけど、
かと言って、FWで起用するにしても、あれだけシュートを枠外に打ってたら、
その選択肢も無くなってくる。

広島戦の時に見せたような裏への抜け出しも、この日は見れなかったし、
正直、どこで起用すればいいのか悩む選手やね。



一方、左サイドは、リンスが攻撃に守備に奮闘していて、
後半に決定的なチャンスを2回演出したけど、
やっぱり、周囲との連携がイマイチなんだよな。

もうちょっと藤春の上がりを使ってあげてもよかったと思うし、
リンスがボールを持った時にどういうプレーを選択するのか予想できなくて、
阿部と佐藤の動きに迷いが見て取れるんよね。

かと言って、佐藤がペナルティエリアでアイデアを発揮して得点できるわけでもなく、
FW起用の遠藤はこの日も効果的な動きが出来ずときたもんやから、
ボールは保持するものの、なんか全体的にチグハグな感じがして、
無得点なのも頷けるわ。



ただ、これまでこんな貧弱な攻撃陣でもなんとか戦ってこれたのは、
守備陣の奮闘があってこそやったんやけど、この日は、今季初の複数失点。

鳥栖と対戦するにあたり、最も警戒すべき、
1トップの豊田陽平目掛けたロングボールに対し、
前半はきっちりと体を寄せて対応できていたけど、
後半はその形でやられてしまった。

あそこからゴール前に放り込んでくると予想できなかったのか、
DF陣がボールウォッチャーになってしまい、誰も豊田に体を当てることができず、
ゴール上隅を狙う、完璧なヘディングシュートを決められてしまった。

後で映像を見たら、マークに行けるとしたら岩下だったよね。

岩下は、このシーン以外ではインターセプトにヘディングでの競り合いにと、
すごく奮闘していただけに、とても残念。

1点ビハインドになって、長谷川監督は丹羽を下げて二川を投入すると言う采配で、
ピッチにいる選手に攻撃のメッセージを送ったけど、
その二川が痛恨のパスミスを犯し、鳥栖に2点目を献上。

二川は、その後、リンスに決定的なラストパスを送るなど、見せ場は作ったものの、
ベテランがあのミスはいただけないね。


今のガンバに2点ビハインドを跳ね返すだけの攻撃力があるはずもなく、
試合はこのまま終了。

対鳥栖戦は3戦3敗と、完全に苦手意識がついてしまいました。

順位も昇格チームらしいところに落ちてきてしまったけど、
水曜日のナビスコカップ清水戦で、浮上のきっかけを掴んで欲しいね。

ここから鹿島、セレッソと厳しい試合が続くけど、
歯を食いしばって頑張るしか無い。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ













コメントを投稿