2016年2月28日

市立吹田スタジアム無敗記録ストップ



ガンバ大阪01鹿島アントラーズ


「今年、ここでは負けないという気持ちでやる」

こけら落としの試合の後のヒーローインタビューで、今野のこの言葉を聞いてから、
わずか2週間後に、ガンバ大阪はホームで敗北を喫しました。

まあ、新スタジアムで迎えるシーズンの門出を勝利で飾りたいというのは、
ガンバに関わる人全ての願いだったと思うけど、
そんな気持ちを汲み取って、易々と勝ち点3を与えてくれるほど、
鹿島というチームは甘くないって事やね。

まあ、ガンバのチームとしてのパフォーマンスは冴えなかったし、
順当な結果と言えば、順当な結果なんやろうけど、
鹿島のような空気の読めない相手と試合するよりも、
接待試合に定評のある相手とやった方が勝てる確率も高かったんじゃないだろうか。

例えば、神戸とか、神戸とか、神戸とか。



試合は、宇佐美の投入がターニングポイントだったかなと思う。

昨季のナビスコカップの決勝で、宇佐美の入った左サイドを執拗に攻撃され、
フルボッコにされたのは記憶に新しいところ。

この試合でも鹿島の石井監督は、宇佐美が投入されるや否や、
待ってましたとばかりに同じサイドにカイオをぶつけてきたね。

そして、あろうことか、右サイドでボールを受けたカイオに対し宇佐美の寄せが遅れ、
フリーでクロスを上げさせてしまい、
こちらも途中から投入された鈴木優磨に決められてしまった。

石井監督にしてみれば、してやったりの展開になってしまったわけやけど、
攻撃に停滞感がある中、宇佐美投入という、
長谷川健太が下した選択自体は間違っては無かったと思う。

ただ、代えるべきなのは、サイドの守備でハードワークができる大森ではなく、
トップ下のポジションに入ったものの、まだ周囲との連携が噛み合っていない、
アデミウソンだったんじゃないだろうか。



鹿島が優勢で試合を進める時間が長かったものの、
ガンバにも、藤本に2度のビッグチャンスが訪れたので、
これを決めていれば勝機は十分にあったと思う。

ただ、決められる時に決めとかないとこういうことになりますっていのは、
サッカーというスポーツの常やね。

さらにこの試合で丹羽が鎖骨を骨折し、万全な状態のCBが金正也だけという、
シーズンが始まったばかりなのに、もう総力戦の様相を呈してきている。

中2日で迎えるACLメルボルン戦で、丹羽の代わりにCBに入るのが、
今野か、それとも西野か、まさかの岩下なのかわからんけど、
丹羽が万全な状態でピッチに戻って来れるまで、
全力で穴を埋めて欲しいと思います。

ウルトラCで山口の選手登録とかあったりする?



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村









コメントを投稿