2016年11月16日

この試合がロシアへの道のりにおけるターニングポイントになるかもしれない



日本21サウジアラビア


スポンサー枠と邪推されるほどまでに聖域化していた、
本田と香川のポジションにようやくメスが入ったこの試合。

代わりに出場した選手が結果を残したことで、
昨今の日本代表を取り巻いていた閉塞感が晴れたように感じたね。

ただ、自分と同い年の本田や岡崎がベンチに追いやられる姿を見て、
自分自身が若い世代に淘汰されているような、
一抹の寂寥感を感じたんだけども。

まあ、アモーレのスキャンダルにも負けず、
長友が健在ぶりをアピールしてくれたことが留飲を下げてくれたけどね。



目下グループ首位のサウジアラビアが相手ということで、
ホームとは言え難しい試合を強いられるかなと思っていたけど、
サウジアラビアが思いのほか前に出てきたので、
日本としては組み易かったんじゃないだろうか。

シンガポールやUAEのように、
自陣でしっかりとブロックを敷いて守られる方が、
引いた相手を崩すのが苦手な日本としては嫌だったね。

日本はサウジアラビアに舐められていたという言い方もできるので、
癪に障るところはあるけど、あれだけ日本の横パスに食いついてくれると、
縦のパスコースが空き、大迫や清武へ良いボールを入れやすくなるので、
日本が優勢に試合を進めることが出来たのも必然だったように思う。

また、試合の主導権を握りながらも、なかなか得点を奪えずにいた中で、
前半終了間際にPKで先制することができたのも大きかったね。

PKに繋がったハンドの判定は、
サウジアラビアにとって厳しいものだったと思うけど、
これまで散々PKを獲得してきたサウジアラビアなんだから、
たまには献上する方に回ってもいいだろう。



後半から久保に代えて本田がピッチへ。

久保はそこまで悪くはなかったと思うけど、
右MFというポジションが彼にとって適正なものなのかというのは、
疑問が残るところ。

今の日本の布陣でこの選手を起用するなら、
大迫か清武の位置になるのではと思う。

世間から色々言われている本田だけど、
今のチームで右MFというポジションを一番上手くこなせるのは、
結局、本田ということになるんじゃないだろうか。

先のオマーン戦で、清武がベンチに下がると、
攻撃の構成力が著しく低下することが証明されてしまったけど、
この試合では、清武が香川との交代でベンチに下がった後も、
本田が前線で上手く時間を作っていたので、清武不在の影響は感じなかった。

また、原口のゴールに繋がる崩しも、
今のチームで長年蓄積してきた連携の賜物と言えるものだったしね。

所属クラブで出場機会を失っている現状で、
代表でのポジションを聖域化するようであれば、
周囲との軋轢の火種になりかねないけど、
この試合のように、他の選手とポジションを競わせる形であれば、
まだ必要な戦力ではないだろうか。



初戦でUAEにホームで敗戦を喫したことを除いては、
なんだかんだ順調に勝ち点を積み上げてきている日本代表。

次戦は、奇しくもアウェイでUAEと対戦するので、
ホームでの借りを返したいところやね。




にほんブログ村











コメントを投稿