2017年3月11日

アデミウソンと東口という2人の超人



今日は3月11日です。

6年前に起こったことは、あまりにも日常からかけ離れた出来事だったので、
今振り返ると、どこか現実味の無いものとして、
自分の記憶の中にふわふわと漂っているところがあるんだけども、
3月11日が近づくにつれて、TVやネットのニュースで、
地震が起きた時の映像などを見る機会が増えると、
そのふわふわした感覚がぎゅっと収束し、
戦慄とともに確かな記憶として蘇ってくる。

そう考えると、あの時に起こった出来事を風化させないためにも、
1年に1度、大きく取り上げるのも大切なんだなと思う。

そして、あの時の地震で命を落とした人たちの中には、
きっと、自分と同じようなサッカーファンもいたことだろう。

自分の愛するクラブの試合に一喜一憂できる、
当たり前の日常に改めて感謝しなくてはいけないね。


ガンバ大阪30FC東京


前節の柏戦で好感触だった3バックシステムをこの試合でも引き続き採用。

過密日程の中、同じ選手を起用し続けることによる、
コンディション面での弊害は気にならなくも無いけど、
前節に引き続き、この試合でも、全員がハードワークして戦えていたので、
今のところその心配は無いのかなと思う。

そうは言っても、インテンシティの高い試合をしているので、
得点が入らないと、時間が経つにつれて体力的に厳しくなると思うけど、
この試合でも、前半に幸先よく先制することが出来たので、
試合を有利に進めることが出来るという意味だけではなく、
早めに試合のペースを落とすことが出来るという意味でも大きかった。

なぜかノープレッシャーだった遠藤から、
前線のアデミウソンにピンポイントのフィードが送られると、
これを受けたアデミウソンが、追いすがる丸山をぶっちぎって、
角度の無いところから見事なシュートを決めたね。

代表に選ばれるようなCBが、
あんな軽率な対応しかできないのかというツッコミはさておき、
この試合でも、アデミウソンの存在感は抜群。

後半、試合を決定づけるオウンゴールを誘発したクロスも含め、
長沢とともにガンバの前線を力強く牽引してくれた。



対するFC東京は、オフに大型補強を敢行し、
外から見てもタイトルが狙える陣容が揃った感がある。

実際、1節、2節と幸先よく連勝スタートを切ったものの、
あちらの13番さんの言葉を借りると、まだ攻撃の形は出来ていないとのこと。

その言葉通り、流れの中で怖さを感じる攻撃って、
中島のミドルシュートぐらいしか無かったんだけど、
どうやら13番さんは、自分にパスを出さないで、
シュートを打つ中島に対して不服だったようだね。

まあ、中島にしてみたら、
ガンバに来てから一度もPKを止めた事の無い東口に、
PKを止められているヤツには言われたくないだろうな。

ただ、不可解なPKの判定に対する抗議でイエローカードを貰ってからの、
怒りのスーパーセーブ3連発という、
ガンバサポにとって非常に見応えのある場面を提供し、
見事に引き立て役になってくれた13番さんには感謝するよ。



次節はホームで浦和戦だけど、
その前にACLの江蘇蘇寧との試合が控えているね。

先日の済州戦が終わった後には、こんな試合をやっていたら、
江蘇蘇寧に勝てる要素なんて無いだろうと思っていたけど、
その後の2試合で非常に良い試合を出来たので、
俄然、期待感が高まってきたね。

ここを落とすと、ACLのグループステージ突破に向けて、
かなり厳しい状況に陥ってしまうので、
良い準備をしてミッドウィークの試合に臨んでほしいと思います。




にほんブログ村











コメントを投稿