2017年7月5日

決められるところで決めたチームが勝つというあたり前の話



ガンバ大阪01鹿島アントラーズ


先週末の試合から中2日の鹿島に対し、ガンバは中3日でのホームゲーム。

鹿島に関しては、さらにこの試合から、
中2日でFC東京とのアウェイゲームが組まれているという、
鬼畜極まりない日程になっているね。

思わず同情したくなるようなカレンダーではあるけど、
先代と現在の日本サッカー協会の技術委員長が誰かと考えると、
このような日程が組まれている裏には、何か訳ありな気がするけども。

まあ、そんな日程面での優遇を受けたにも関わらず、
負けてからこんなこと書くのもダサい話ですが。



仙台戦に引き続き、菱形の中盤を継続するのかと思いきや、
長谷川健太の判断は、遠藤を外して4-4-2を採用。

個人的に、この試合のスタメンが、今のガンバのベストだと思っているので、
この判断は支持したいところ。

実際、運動量を上げてこない鹿島に対してボールを握ることができたと思うけど、
鹿島ほどのチームと対戦するとなると、
1試合で訪れるチャンスの数は限られてくるもの。

それだけに、前半に倉田と長沢に訪れた決定機は決めておきたかった。

少なくとも、後半に遠藤康に決められたゴールよりは、
2人に訪れたチャンスの方が明らかにイージーだったからね。

思えば、この試合で鹿島に訪れたチャンスは、この遠藤康のシュートと、
前半の中村に訪れた決定機だけだったように思うし、
決められるところできっちり決められるチームが勝つんだなというのを、
再認識させられる結果になってしまったね。



個人的に、この試合ではアデミウソンの奮起に期待していたんだけど、
その期待は大きく裏切られることになってしまった。

ゴールに背を向けて足元でボールを受けようとするアデミウソンに対し、
鹿島の守備陣は厳しくチェックに来ていたので、
前線でボールがなかなか収まらなかった。

先日の仙台戦での1点目と2点目のように、
サイドの裏へ走ってボールを引き出すような動きを見せてほしかったんだけど、
この試合では淡白なプレーに終始していたように思う。

能力的には申し分ないと思っているのだけど、
ここ数試合、起用法に関して不満を感じているような行動も見られるので、
フィジカル的なコンディションが整わないというより、
メンタル的なところで問題を抱えているのかな。

なんにせよ、ファン・ウィジョにしか期待できない状況は心許無いので、
一日でも早く、キレキレのアデミウソンが戻ってきて欲しいね。



シーズンの半分を終えて勝ち点32。

決して悪い成績では無いけど、もったいない勝ち点を落としているし、
そんなに良い試合ができているとも思えないので、楽観視できない。

現状、順位表でガンバの上には3クラブの名前があるので、
シーズン終盤までここに絡んでいくためにも、
今週末の日本平での試合は絶対に負けられないね。

中2日でタフな試合が強いられると思うけど、
記念試合クラッシャーの名の下に、清水のクラブ創設25周年記念試合を、
盛大に破壊してやりましょう。




にほんブログ村












コメントを投稿