2010年9月7日

20分間の好ゲーム、70分間の凡ゲーム

 
 
日本21グアテマラ
 
 
 
試合には勝ったものの、
正直、前半20分までしか見所の無い試合やったね。
 
それに、この試合の中継の解説は、松木・セルジオという、
お馴染み過ぎて、あまりにも芸の無い2人やったし、
実況アナは、ザッケローニをザッケロッティとか言ってるし。
 
こないだのパラグアイ戦の日テレも微妙やったけど、テレ朝も大概やな。
 
 
 
試合は、前半12分、20分と森本が立て続けにゴールを決めて、
日本が早々に2点リードを奪った。
 
特に、1点目の長友からのクロスをヘディングで決めたゴールは、
出し手と受け手の意図がピッタリとハマった、きれいな形のゴールやったね。
 
2点目は、ほとんど香川のゴールと言ってもいいやろう。
あのシュートの前の、ボールを引き出す、裏への飛び出しは良かった。
 
パラグアイ戦に引き続き、この試合でも光るものを見せてくれたね。
 
 
 
ただ、その後が続かなかった。
 
軽率なボールロストから、簡単に失点を許すなど、
簡単に2点取れたことで、完全に気が緩んだのか、
チーム全体のプレーが雑になったような印象を受けたね。
 
まあ、そのボールロストをしたのは、我らが橋本なんやけど。
 
橋本は、後半にも似たような所でボールを取られてあわやのシーンを作られてたし、
もっと言えば、去年の6月のカタール戦でも、失点に繋がるボールロストをしてるし、
代表ではこういう軽率なプレーが多いイメージがあるんよね。
 
ガンバサポは、普段のガンバでの橋本を見てるから、
こんな選手じゃないって言えるけど、この試合に関して言えば、
ザッケローニに、あんまりいい印象を与えられへんかったんちゃうかな。
 
 
 
後半に入ると日本の選手はかなりバテてきてたね。
 
まあ、この暑い中での、中2日での試合はキツイもんがあるし、
コンディションに不安を抱えている選手も多かったみたいやから、
しょうがないと言えば、しょうがないけど。
 
それに、本田△や森本らへんが、自分がゴール決めたいあまりに、
個人プレーに走りだしたのも、後半グダグダになった要因やと思うね。
 
結果的には勝ったわけやし、それはそれでいいねんけど、
相手のレベルの事を考えると、ちょっと物足りなかったなって思う試合やったわ。
 
 
 
とりあえず、2試合限定の原JAPANは今日で終了。
 
来月からザックJAPANとして、アルゼンチン戦、韓国戦を戦うことになるね。
 
まあ、来年のアジアカップまで時間が無いし、
W杯のメンバーから、そんなに大幅にいじってくることは考えにくいけど、
このイタリア人監督が、これから日本にどんなスパイスを加えてくれるのか、
楽しみにしたいと思います。
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿