2010年9月9日

この試合のことは忘れよう

 
 
ガンバ大阪12サンフレッチェ広島
 
 
 
あんな試合を見た後だと、どうもモヤモヤした気持ちが拭えなくて、
結局1日経っての更新です。
 
この試合は、遠藤、明神、橋本が欠場ということで、
どういう布陣を敷いてくるのかと思ってたんやけど、
スタメンには、高木、中澤、そして山口の名前が…。
 
まさか、この状況でアキラお得意の、「困った時の3バック作戦」発動!?
 
この作戦は、もっと困った状況に陥るフラグなだけに
嫌な予感がよぎったんやけど、蓋を開けてみたら、
山口を中盤のアンカーに起用する4-1-4-1やったのには驚いたね。
 
ただ、今シーズンは、ひざを故障した影響からか、
左右の動きに全然スピードで対応できていない山口に、
左右の広大なスペースをカバーしなければならないアンカーなんて、
かなり無理があるんじゃないかと思ったけども。
 
まあ、そんな不安を抱いていたのは、前半の17分まで。
 
山口のアンカーの優劣をつける前に、
よりによって、ガンバで最も代えの利かない選手である
加地が退場になってしまうというアクシデント発生で、
試合そのものがブチ壊しになってしまった。
 
 
 
この試合で主審を務めた東城に関しては、2年前のエコパでのこともあるけど、
その後、ガンバの試合を裁く時は、そんなに悪い印象は無かっただけに、
残念というか、憤りを感じるわ。
 
単純に、寿人が加地と交錯して転んだだけに見えたけど、
あれのどこがレッドなのか説明してほしいもんやね。
 
まあ、本音を言えば、アウェイでもう1点取れてれば、
こんな事でグチグチ言うこともなかったんやろうけど、所詮たらればの話。
 
そんな、どちらかに1点入るだけで状況が大きく動くようなデリケートな試合で、
あまりにも残念な笛やったわ。
 
 
 
これで、今年のナビスコカップも準々決勝で終戦。
 
もう、さっさと忘れた方がいい試合やね。
 
こんなショッキングな敗戦の後、中2日で新潟戦と、
選手がモチベーションを切り替えれてるか心配やけど、
新たな気持ちで苦手のビッグスワン攻略に臨んでほしいもんです。
 
俺もビッグスワンに参戦してきます!!
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿