2010年9月26日

等々力からの帰路は足取り軽く

 
 
日産に次いで、2番目に俺の家から近いスタジアム、
武蔵中原から歩いて10分ちょっとの等々力陸上競技場に行ってきました。
 


ガンバにとって、2005年にリーグ優勝を決めて以来、勝ちのないスタジアム。
 
俺にとって、参戦計画を立てるたびに、急な用事が入って、
行けず仕舞いになってしまうスタジアム。
 
そんないろんな意味で相性の悪いスタジアムに、今回、満を持しての初参戦やったけど、
嬉しい結果を目の当たりにできて良かったわ。
 
 
 
ガンバ大阪21川崎フロンターレ
 
 
勝てた事が一番とはいえ、両チームとも攻守の切り替えが早く、
ダイナミックでスピーディな、面白い試合やったね。
 
まあ、例によって例のごとく、最後の方はかなりハラハラドキドキさせられたけども。
 
それにしても、9月の新潟、セレッソ、川崎の3連戦を3連勝できれば、
また名古屋への挑戦権を得ることができると思ってたけど、
失礼な話、本当に3連勝するとは思わんかった。
 
それに、この3試合は全て1点差ゲームをモノにしてるっていうから、
これは、チーム力が上がってきてる証と捕えてよさそうやね。
 
それに、この試合の先制点となった中澤のゴール然り、
最近はセットプレーから得点を奪えるようになったのも大きい。
 
この日は、気温20度前後という、サッカーに相応しいコンディションで試合ができたけど、
これから秋が深まるにつれて、夏場にはできなかった、
運動量を上げた戦い方ができそうやから、今後に期待が持てそう。
 
まあ、不安材料があるとすれば、来月から代表で宇佐美が離脱することと、
累積警告にリーチが懸かっている選手が多い事やけど、ここは、アキラの用兵と、
普段先発で出られないベンチメンバーの奮起に期待したいところやね。
 
 
 
とは言っても、審判に助けられた感もあるのは事実。
 
1点目の中澤のゴールは、キーパーチャージを取られてもおかしくなかったし、
2点目のルーカスのゴールの前にあったシーンは、対岸で起こったプレーやったけど、
確実に川崎のCKやってわかったしね。
 
ただ、この試合を裁いた高山主審とバックスタンド側の線審を見てて、
スローインの時にボールを渡すチームが逆じゃね?
っていうシーンが結構あった事が印象的やったんよね。
 
2点目の場面では、それと同じ事がCKで起こっただけの話。
 
川崎にしてみれば、事前に、この審判はこういう人なんだって割り切ってしまえば、
審判に抗議している間に、リスタートされるなんていう、
隙を見せずに済んだやろうに。
 
まあ、その間隙を上手く突いた、ガンバも狡いなと思ったけどね。
 
なんかちょっと鹿島っぽかったわ。
 

10月からは、下位チームとの対戦が続くガンバ。
 
まあ、こういう相手に勝ち点を取りこぼしてしまう、お人好しなガンバやけども、
首位をひた走る名古屋に食らいつくためにも、一戦必勝で試合に臨んでほしいね。
 
山形は、つい3日前まで行けない予定やったけど、
急遽、行けることになったので、参戦します!!
 
去年は1-1という、なんとも煮え切らん試合をしてくれただけに、
今年は、コバやんの泣き顔を拝んで帰りたいもんやね。
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿