2011年3月6日

勝って然るべき大阪ダービー

 
 
大阪ダービー行ってきました!!
 
開幕戦なんて、それだけでも盛り上がる要素があるのに、
わざわざダービーをここに持って来なくてもいいやんって思ってたけど、
オリーブの入口の上に、去年のダービーで使用した、
今までガンバが獲得したトロフィーの巨大ゲーフラが貼りだされてるのを見て、
否応にもテンションが上がってしまいました。



ただ、ゴール裏の所に貼ってあった横断幕は、
昨年お叱りを受けた影響からか、豚が○○に書き変えられてました。
 
まあ、見る人が見たら、何を書きたいんかわかるから、
書き変えてもあんま意味無いと思うけど…。
 
 
ガンバ大阪21セレッソ大阪
 
 
試合の結果は当然のものとして、万博の雰囲気は、
去年の同じカードと比べると、随分緩かったかなと思う。
 
ゴール裏の応援も、新チャントと旧チャントが混ざって聞こえてきて、
声量もセレッソのゴール裏とさほど変わらんかったし、
去年、俺たちをあれだけ昂らせてくれた、試合前のVTRも、
今年は山口のヒーローインタビューの映像をいじっただけの、
驚くほどお粗末なものやった。
 
そんな万博の雰囲気が選手にも伝染したのか、前半は酷く緩い内容。
 
遠藤のPK然り、ピンパォンの藤ヶ谷との1対1然り、
普段なら決めてるやろみたいな場面で、ことごとく外す外す。
 
ガンバは押し込んではいたものの、お互いに球際の激しさとかがあまり感じられず、
ダービーの緊張感を味わうことの無いまま前半終了。
 
 
 
後半も、前半の流れのまま、緩い雰囲気で試合が進んでたけど、
アドリアーノの先制ゴールで万博の雰囲気が一変したね。
 
やっぱり、下平はメルボルン戦の後、アキラに怒られたんやな。
細かいミスはいくつかあったけど、あの試合とは積極性が全然違ったわ。
 
そして、このアドリアーノの古巣相手の一発で、
今まで、攻撃陣の連携不足を言い訳にして守ってばかりいたセレッソが、
追いかける立場になって、前に出てきたせいか、
俄然、球際の攻防が激しくなって、ダービーが熱を帯びてきた。
 
 
 
そんな中飛び出した、“ガンバで何もしなかった男”倉田秋の同点ゴール。
 
まあ、倉田に対しては、試合前の選手紹介の時に、ブーイングもあったりしたけど、
個人的には、ブーイングに値する選手じゃないと思う。
 
倉田がセレッソに移籍した時、「播戸さんや家長さんも通った道」って言ってたけど、
ガンバサポが播戸や家長がブーイングしてるのは、ガンバに貢献した選手だからであって、
ただ期待されてただけで、ガンバで何の結果も残せなかった男を、
同列に考えるわけにはいかんよ。
 
本気のブーイングをされたいんやったら、今日のような結果を何シーズンも続けて、
ガンバサポに本当に嫌がられる存在になりなさい。
 
 
 
とはいえ、倉田の同点ゴールが試合展開を面白くしたのは事実やったけど、
実際、ダービーらしいダービーは、ここから3分で終わってしまいました。
 
なぜなら、ガンバの千両役者、遠藤が試合を決定づける決勝ゴールを決めたから。
 
なんであんなに難しいゴールが決められるのに、
前半のPKを外すのかがイマイチ説明できないけど、
このゴールで万博のボルテージは最高潮。
 
 
 
ここからガンバは、キム・スンヨンがセレッソの選手の前で、
QBKのレクチャーをしたり、平井がダイエットをしに出てきたり、
1点差しか無いのに余裕を見せつけまくり。
 
そんなガンバを相手に、セレッソは再び同点にする気力も無く、意気消沈。
 
試合後、ヒーローインタビューを受けているアドリアーノへのブーイングは、
セレッソサポの負け犬の遠吠えにしか聞こえなかったね。
 

まあ、約束されていた勝ち点3やったとはいえ、
開幕戦を勝利で飾れるのはとても気分の良いこと。
 
去年は開幕ダッシュに失敗しただけに、今年はこの良い流れを続けて行きたいね。
 
次節は、皆がセレッソと同じくらい好きな埼玉の赤いチームが相手やから、
ここも確実に勝利を掴みたいね。
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿