2011年10月23日

山形で小林の泣き顔を拝むのに3年もかかってしまった

 
 
山形行ってきました。
 

相手は17位と、残留争いをしているとはいえ、
アウェイの山形は、一昨年・昨年と勝ててない分の悪いカード。
 
それだけに、油断は禁物やなと思ってたんやけど、
山形県民デーのくせに、「つや姫の宣伝のために出張」とか言ってスタジアムに来ず、
山形を応援しているのか、ガンバサポにつや姫の宣伝をしているのか、
よくわからんVTRをよこしてくる山形県知事を見た時は、
なんとなく「この試合もらったな」と思ってしまったんやけども。
 
 
ガンバ大阪50モンテディオ山形
 
 
試合の序盤は山形のペースやったと思う。
 
積極的な前線からのプレスでボールを取りに行き、
奪ったらすぐに逆サイドへというやり方は、
山形がガンバと対戦する時はお馴染みの光景。
 
そして、それに手を焼くガンバっていう構図もまた同じで、
藤ヶ谷が好セーブで逃れてなかったら、危なかったという場面もあったね。
 
ただ、相手の決定力不足も手伝って、徐々にガンバが試合のペースを握り始め、
二川とイ・グノが立て続けにゴールを決めたあたりから、
完全に試合の主導権を掌握したって感じやったね。
 
 
 
すると、2点リードで前半を折り返したにも関わらず、
アキラはハーフタイムで下平に代えて藤春を投入。
 
確かに、スピード不足の下平は前述の山形の戦術には分が悪いし、
この日も軽い守備が散見されたけど、
前半で交代させるほど悪いプレーはしてなかったと思ってたから、
この交代は正直意外やった。
 
でも、結果的にこの采配がズバリ的中。
 
藤春は、交代で入ってきた時こそ、
相変わらずの足下もっさりぶりを披露してたけど、
徐々に試合のペースに溶け込んでいくと、ハイライトは後半15分。
 
山形のCKから、ロングカウンターがスタート。
 
ラフィーニャの縦パスに抜け出したグノが、右サイドを爆走。
あまりにも速すぎる展開に、これじゃあ味方も間に合わんやろって思ってたら、
逆サイドを物凄いスピードで駆け上がる15番の姿が。
 
グノは、最初は自分で行こうとした感じやったけど、
藤春を見つけると、すかさず中へ折り返し、
そのボールを藤春が合わせて、驚愕のプロ初ゴールを決めました。
 
ガンバで相手CKからのカウンターと言えば、去年の天皇杯の決勝・名古屋戦で、
ゴール前での遠藤とのパス交換から決めた、二川のゴールが思い浮かぶけど、
こんなに速くゴールまで到達したのは記憶に無いわ。
 
いやはや、すごいもん見させてもらいましたよ。
これを見れただけでもわざわざ山形に来た価値があるようなゴールやったね。
 
 
 
この藤春のゴールで完全に山形の選手の心が折れてしまったようで、
遠藤が内転筋を痛め、セットプレーのキッカーを外れてから、
さっぱり点が入る気がしなかったCKから、ラフィーニャが決めて4点目。
 
さらには、大体大の同期である藤春の活躍に触発されたのか、
途中出場の川西も5点目のゴールを決め、
前節の名古屋戦の体たらくが嘘のような快勝で試合を締め括りました。
 

いつも頑張ってくれてるからあんまりこんな事は言いたくないけど、
この試合に限って言えば、遠藤がいなかったから良かったと思う。
 
最近の遠藤は、内転筋の痛みからか、目に見えて調子が悪そうやったし、
チームに与える影響が大きいせいで、
チームも遠藤の不調に引きずられてる感があったしね。
 
次節の11月3日の鹿島戦まで、ナビスコ決勝の関係でちょっと間隔が空くし、
二川が4枚目のイエローを貰ってしまって出場停止やから、
遠藤にはこの間にしっかりコンディションを整えてもらって、
鹿島戦で良い仕事ができるように備えてほしいね。
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿