2011年10月12日

もはや90分間のシュート練習だった

 
 
日本80タジキスタン
 
 
負けたとはいえ、ウズベキスタンや北朝鮮と1点差の試合をしたって聞いてたから、
タジキスタンって意外とやるチームなのかなって思ってたけど、
完全に草刈り場やったね。
 
まあ、あっちの監督は、「日本に勝つ確率は1000分の1」とか言って、
試合前から完全に白旗を挙げてたから、妥当な結果やったのかもしれんけど、
「日本相手にいい試合をしたい」って言って、
全力で向かって来てくれたベトナムの方が、骨のある良いチームやったわ。
 
 
 
この試合のスタメンで一番目を引いたのは、
やっぱりCFに入った、ハーフナー・マイク。
 
ワールドクラスの制空権を披露して、圧巻の2ゴールを挙げ、
ベトナム戦で出場できなかった鬱憤を晴らしたね。
 
いや、どっちかっていうと、ベトナム戦で出場できなかった原因を作った、
槇野への怒りを晴らしたっていう言い方が正しいかな。
 
これで、パワープレー要員から、スタメン候補に名乗りを上げたって感じやね。
 
あと、このハーフナーの2ゴールに触発されたのか、
途中出場のチュンソンが鬼気迫る表情でゴールに向かってたのが印象的やった。
 
こういうチーム内の競争で、相乗効果が生まれると良いね。
 
 
 
中盤に目を向ければ、久々の先発出場となった、
トップ下の中村憲剛は良かったと思う。
 
やっぱり、トップ下にボールが上手く収まって、攻撃の起点ができると、
日本は良いサッカーするよね。
 
でも俺は、その日本のトップ下に一番相応しい選手は香川だと思ってるんよね。
 
だから、この試合のように香川を左サイドで起用する時は、
中央でボールをキープできる本田がトップ下を務めている時だけで、
本田がいない時は、香川をトップ下で起用して欲しいと思ってる。
 
そういう考えやから、北朝鮮戦での柏木のトップ下や、
ウズベキスタン戦での長谷部のトップ下起用には納得がいってなかったんやけど、
憲剛がトップ下でこれだけやれるんやったら、
この試合での香川の左サイドはアリかなと思うわ。
 
まあ、意地悪な言い方をすると、
タジキスタン相手やからこれだけできたとも言えるけど、
今後、また見てみたい組み合わせやったわ。
 
日本代表の次戦は来月、アウェイに乗り込んでのタジキスタン戦やけど、
この試合を見る限り、よっぽどの事が無い限り大丈夫でしょう。
 
 
 
最後に、ガンバサポとして、どうしても気になってしまう遠藤に触れておくと、
右足内転筋の痛みを抱えながらも、例によって例のごとくフル出場。
 
まあ、フル出場とは言っても、あれだけ省エネモードやったら、
そんなに疲れも無いやろうし、週末の名古屋戦はそんなに心配いらんやろうね。
 
むしろ、遠藤が代表に行ってる間、ガンバは3試合こなすから、
案外一番フレッシュなのは、代表で1試合しか出てない遠藤かもしれへん。
 
だから、土曜日は瑞穂でしっかりと仕事してもらいますよ。
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿