2013年4月7日

津賀社長、こんなガンバですがこれからもよろしくお願いします



ガンバ大阪00東京ヴェルディ


遠藤、今野、加地、高原、西、巻、森…

ドイツW杯の頃だったら、
「随分豪華な顔ぶれだな」と言ってしまいそうな選手達が顔を揃えた、この日の万博。

ただ、その顔を揃えた場所が2部リーグの試合というのが、
時の流れの早さを感じさせてくれるね。



試合は、ヴェルディの選手達の前線からの果敢なディフェンスに、
手を焼かされる場面も多かったけど、全体的にはガンバのペースだったと思う。

セカンドボールを拾う回数が多く、二次攻撃、三次攻撃に持ち込める場面が多かったし、
アタッキングサードでの崩しのバリエーションも、開幕当初に比べて増えてきたので、
良い攻撃はできていたんじゃないかな。

しかし、いくらガンバが良い形でシュートまで持ち込んでも、
ゴールポストがヴェルディの12番目の選手と化して、ガンバに得点を献上しなかったね。

レアンドロ、倉田、二川のシュートを、ことごとく阻む様は、にくたらしい程やったわ。
(まあ、後半に高原のシュートも阻んでたけど)

内容的には勝利に値する試合ができていたと思うけど、
去年の8月以来勝利の無いホーム・万博で、勝ち点3を挙げるのは、
相当に難しい仕事みたいやね。



選手個人の話をすると、家長がすごく良かったと思う。

右サイドからのクロスを、ダイレクトで倉田に出したパスは鳥肌モノやったし、
ドリブルで中に切れ込む動きや、
抜群のキープ力で加地のオーバーラップを促すプレーには、
明らかにヴェルディのディフェンスは手を焼いていたね。

ただ、俺がこの試合で一番驚いたのが、後半、家長が自陣に戻って、
スライディングタックルで相手からボールを奪ったシーン。

あの、献身さが皆無に等しい家長が、
チームのためにあんなに泥臭いプレーを選択するなんて、
家長を10代の頃から見てきただけに、感傷的な気持ちにさせられたわ。

まあ、ある試合で皆に絶賛されるようなパフォーマンスを見せても、
次の試合で、まるで別人のような、
平凡なパフォーマンスに終始してしまう事の多い家長だけに、
これ以上褒めるのはよしとこう。

対するヴェルディで良かったのは、高原でも西でもなく、飯尾だったね。

前半のミドルシュートをはじめ、何度もガンバのゴールマウスを脅かしてたし、
ピンチになれば自陣に戻って精力的にディフェンスをこなしてた。

おそらく、J2でプレーする選手の中には、
ガンバにひと泡吹かせてやろうって思ってる選手がたくさんいると思うけど、
まさに飯尾からはそういう雰囲気が感じられたわ。



次節はアウェイで山形戦。

個人的には、ようやく今季初参戦の予定です。

最後に対戦した一昨年は、5-0で圧勝しているものの、
2009年はドロー、2010年は1-2で負けているので、
俺の中ではあまりイメージはよろしくありません。

でも、当時の山形の監督は、ガンバと因縁深いコバやんやったから、
やりにくさを感じるところがあったけど、
今の山形はどんなチームなのかよく知らんから、何とも言いようがないんよな。

まあ、久々にザキさんと会えるのを楽しみにして、
2年振りに山形へ遠征しようと思います。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ









コメントを投稿