2013年3月31日

昨季のスコアの再現とまではいかなかったけれど



ガンバ大阪31コンサドーレ札幌


昨季J1で対戦した時は、4-0と大勝したこのカード。

昨季のスコアの再現とまではいかなかったけど、
試合を経るごとに、徐々に内容が良くなっていく中で、
ようやく結果がついてきてホッと一安心といったところか。



この試合のスターティングメンバーに、
ヨルダン帰りの遠藤と今野が名を連ねた事もあって、
熊本戦や千葉戦で見せたような、不安定なビルドアップは、
この日は見られなかったね。

それに加え、セカンドボールも拾えてたし、
中盤はほぼ制圧できていたと思う。

ただ、札幌がきっちりとディフェンスのブロックを形成して応対してきたこともあってか、
ボールは回せても、なかなか効果的な縦パスが入らず、決定機自体は少なかった。

こういう展開になると、札幌にワンチャンスをモノにされるっていうパターンが、
往々にしてつきものやけど、上里のミドルシュートがクロスバーを叩くなど、
この日は、運も味方していたように思う。
(まあ、このクロスバーは後半に倉田のシュートも阻んだんやけども…。)



このままスコアレスで前半を折り返しかなと思ってたら、
右サイドの裏の狭いスペースに走り込んだ倉田に、家長がスルーパスを送ると、
これを倉田がマイナス気味に中に折り返し、そこに待っていたのはレアンドロ。

前半終了間際という、相手にしてみれば一番堪える時間帯で得点を挙げる事ができたね。

それにしても、この日の倉田は、スペースへのランニングは冴えてただけに、
シュートが決まらなかったのが残念やったな。



後半に入って、両チームとも全体的に間延びして、
カウンターの応酬みたいな展開になったけど、
その中でガンバは、家長と岩下がゴールを挙げ、効率良く加点。

岩下のゴールに関しては、札幌の選手がクリアしたボールをヘディングしたのに、
なんでオフサイドになるのか意味がわからんかった。

遠藤がFKを蹴った時に、既にオフサイドやったっていうわけでもなさそうやし、
これからはこういう線審とも上手く付き合っていかなアカンねんなって、
ちょっと不安に思ってしまったね。



このまま3-0で試合をクローズしたいところやったけど、
そんなサポの思いとは裏腹に、1点返されてしまうのが、ガンバ大阪というチーム。

ここからのバタバタっぷりは、なかなか見るに堪えるものがあったけど、
残り時間が少なかったことや、藤ヶ谷のカード覚悟の遅延行為の甲斐もあって、
なんとか逃げ切りに成功。

正直、もうちょっと早い時間帯に1点返されてたら、
危なかったんじゃないかという気はしなくもないけど、
第2節以来の勝ち点3を積み上げに成功したね。



次節はホームでヴェルディと対戦。

ヴェルディは、今節、岐阜を3-0で破っているけど、
相手以上に気になるのが、昨季から続く、万博での連続引き分け記録。

これから、昇格争いをしていく中で、ホームが鬼門なんてあってはならないので、
ここらへんで負の連鎖をスパッと断ち切って、
万博でワニナレナニワを披露してほしいと思います。




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ








コメントを投稿