2013年3月23日

テストマッチの収穫物は、油断は禁物という意識



日本21カナダ


水曜日の熊本戦で、また一部のガンバサポがおバカな事をしてお騒がせしている中、
代表はドーハでカナダとのテストマッチを行いました。

結果的に勝利する事はできたものの、決定機の数を考えれば、
もっと楽な展開に持ち込まないといけない試合だったようにも思うね。



やはりテストマッチということもあって、
球際もそんなに激しくなく、カナダも自陣でのパスミスが目立ってたので、
これはそんなに労せずに先制点が奪えそうだなと思って見てたら、
前半の早い段階で岡崎が先制ゴール。

DFラインの裏へのスルーパスを処理するために、
前に飛び出していたGKが戻り切れていないところで、
頭上を射抜くループシュートでのゴールという、
泥臭いイメージの強い岡崎らしくない華麗なシュートやった。

ファーストタッチが大きくなりすぎて、シュートまでいけないかなと思ったけど、
左足に持ち替えてシュートを選択したのは冷静やったと思うわ。

ただ、この後にも、ポストを直撃した遠藤のFKなど、
決定機は何度もあったけど、それをことごとく決め切れなくて、追加点は奪えず。

左サイドからカットインして、シュートを試み、
何度もフカしていた乾が、悪い意味で目立っていたけど、
個人的には前田遼一の動きの悪さが気になるところ。

2度ほどあった決定機を決め切れなったのもらしくないけど、
あれほど攻撃機会が多かったのに、
チャンスらしいチャンスにほとんど顔を出してこなかった印象があるね。

やっぱり、日本にいる間、「デスゴールはどの対戦相手に決まるのか」という話題で、
マスコミに騒がれてるので、精神的に参ってんのかな。

まあ、去年、リーグ初得点を挙げたガンバが降格した事で、
今まで以上に注目される事になってしまったから、
前田には悪い事したなぁって思ってんやけどね。



前半を1-0で折り返し、迎えた後半。

前田に代わって投入されたハーフナーが、早い時間帯で訪れた決定機を、
2本続けてフイにしている間に、カナダのCKから同点ゴールを被弾するという、
決めれるところで決めとかないとこうなりますよという典型的な展開。

さらに、このCKでマークを外した伊野波は、懲罰的に栗原と交代させられてしまったね。

その後も、あまり良い流れとは言えなかったけども、
後半29分に酒井高徳が左サイドから上げたクロスに、ニアで香川が潰れ、
後ろで待っていたハーフナーがようやく決めて、なんとか勝ち越し。

そのリードを守り切り、日本がカナダに勝利を収めました。



ドーハのピッチがあまりにもきちんと整備されていた事や、
カナダのプレースタイルを考えると、
仮想ヨルダンに相応しい試合だったとは言い難いけど、
ホームで6点取って勝ってるからと言って、油断は禁物だよという感じで、
気持ちを引き締める意味では、この試合をやった価値はあったんじゃないかな。

ブラジル行きの切符はほぼ手中に収めている状況ではあるけど、
オーストラリアの結果を気にせずに、さくっと勝ってW杯出場を決めちゃいましょう。



にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ









コメントを投稿