2013年3月24日

改めて認識できた山口の健在ぶりとガンバの不甲斐なさ



ガンバ大阪11ジェフ千葉


開幕節の京都戦から比べたら、だいぶ良くなってきてる感はあるんやけど、
この日も決め手を欠き、3試合連続のドロー。

レアンドロにスルーパスを通そうとする二川と、
そうはさせまいと立ちはだかる山口の、
かつての盟友同士の腹の探り合いは見応えがあったけども、
それ以外は、特に見所の無い凡戦やったね。



前半は良くて、後半は失速するという、今季の慣習に倣って、
この日も試合の入り方は良かった。

でも、倉田や武井が決定機を決め切れずにいると、
千葉のジャイールに中央突破からゴールを許し、先制点を献上。

右サイドで加地をぶっちぎったシーンや、
後半の早い時間帯に、30mぐらいの距離からの強烈ミドルを放った時も思ったけど、
この、ジャイールっていう選手、J2レベルじゃないわ。

昨季、韓国のKリーグで18得点を挙げた得点力もさることながら、
そのキープ力で周りも使えるし、セットプレーでも良いボール蹴るし、
なんで千葉に来たんだろうって思ったね。

まあ、ヨソのチームから見たら、ガンバにレアンドロがいるのも、
同じようなもんなんやろうけど。

ただ、この失点の起点は、武井が自陣で意味不明なドリブルを敢行して、
ボールを失ったところなんよな。

守備的なボランチコンビである、明神と武井の間をぶち抜かれる光景を目の当たりにして、
いたたまれない気持ちになってしまった。



失点後すぐに、倉田が同点ゴールを決めて、試合を振り出しに戻し、
1-1のまま後半に突入。

いつもなら、ここから運動量が落ちて、押し込まれてしまうけど、
この日は、まだ頑張ってたんじゃないかなと思う。

ただ、前半からレアンドロとのホットラインで、
攻撃にリズムを作ってた二川が下がって、
家長が出てきたあたりから、徐々に雲行きが怪しくなり始めた。

それにしても、この日の家長も、ボール持っても仕掛けずにバックパスを繰り返し、
かと言って、パスを出した後も地蔵で、守備にも貢献しないときたから、
何しに出てきたのかさっぱりわからん。

家長と同じように交代出場で投入された岡崎が、プロデビュー戦ながら、
なんとかチームに貢献しようとピッチを走り回っているのを見て、
なおさらそんな風に思ってしまったわ。

ただ、結局はそんな気持ちも実らずに、試合はそのまま1-1で終了。

試合終了間際に、兵働のFKを山口にフリーでヘディングされた時は、
「万事休すか」と思ってしまったけど、これはなんとか藤ヶ谷が手に当て、
勝ち点1を守った格好になったね。

後半、自身のクリアミスからあわやのシーンを作ってしまい、
ケンペスのハンドでなんとか難を逃れた藤ヶ谷やけど、
飛び出しの判断とか、シュートに対する反応とかを見てると、
今季は調子が良いと見ていいのかな。

ただ、昨季の汚名を返上するには、まだまだ足りないから、
このパフォーマンスを1年間続けて欲しいね。



次節はアウェイで札幌と対戦。

いくらJ2が全体的に混戦模様と言っても、
ここで勝ち点3を積み上げられないと、そろそろ馬群に飲まれそう。

去年のこのカードは4-0で勝ってるし、代表組の遠藤と今野も帰ってくるので、
なんとしても白星を持ち帰って欲しいね。




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ








コメントを投稿