2013年4月28日

またしてもガンバ大阪の前に立ちはだかった鬼門・万博



ガンバ大阪11ガイナーレ鳥取


富山戦の快勝の勢いをそのままに、ホームで鳥取、岐阜を叩いて、
ゴールデンウィークの最終日に神戸で奪首やと息を巻いていたのに、
蓋を開けてみれば、ゴールデンウィーク初日から消化不良のドロー発進。

先日の松本戦でホームでの連続ドロー記録をストップして、
ようやく呪縛から解き放たれたかなと思ってたけど、
そう簡単にはいかんみたいやね。



この試合では、先の4試合連続無失点に貢献していた西野を外し、
丹羽をスタメンで起用。

おそらく、ゴールデンウィークの連戦の疲労と、
丹羽のモチベーションを考慮してのものかなと思うんやけど、
丹羽は、相手の前線からのプレスのターゲットになってたし、
失点シーンでも、簡単に前に入られてヘディングされてたから、
健太さんの期待に応えられたとは言い難いね。

ただ、岩下が終盤に負傷して、内田との交代を強いられてしまったから、
ケガの程度によれば、次節も丹羽の先発出場の可能性は高そうやね。

今季はSBで起用されたこともあったりで、
どうもパフォーマンスが低調な印象を受ける丹羽やけど、
CBの層を考えると、そろそろ奮起してもらいたいわ。



攻撃に関しては、鳥取の前からのプレスがハマって、なかなかボールを前に運べず、
DFラインでのボール回しの時間がやたら長かった印象。

たまにアタッキングサードまでボールを運んでも、
家長は持ち過ぎてすぐに囲まれ、二川は足にボールがつかずで、
なかなかレアンドロと倉田に良いボールが入らなかった。

失点後、ブレーキとなっていた家長と二川に代えて、阿部と川西を投入し、
中盤の枚数を削って2トップにしてから、縦に速い攻撃でリズムを変える事ができたけど、
これを試合の序盤からできていればと悔やむところやね。

加地のアーリークロスからレアンドロが決めて同点に追いついたものの、
前線からのプレスでボールを奪い、サイドに展開して、
クロスボールをターゲットマンが決めるっていう、
チーム全体で徹底したやり方でゴールを奪った鳥取に比べると、
偶発的な得点っていう感じは否めないね。

さらに、ガンバにはターゲットマンとなれるFWがいないのにも関わらず、
終盤、パワープレーに出た時は、なんか悲しくなってしまったわ。



この試合と同時刻に行われた、首位・神戸と、3位岡山の試合がドローに終わり、
上位が軒並み足踏みで、混戦模様になってきたJ2。

次節は、J2で最下位に沈む岐阜が相手。

ここ最近のホームでの低調な試合を見る限り、
どうも楽観視できないところがあるけど、
昨年のホーム最終節以来、半年ぶりに万博参戦するので、
確実に勝ち点3を積み上げたいところやね。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ









コメントを投稿