2013年5月4日

神戸さん、そろそろそこどいてもらいましょか。



ガンバ大阪20FC岐阜


ガンバと対戦する時にベタ引きしてきた相手はいくつもあったけど、
この試合の岐阜ほど自陣に引いてきたチームは無かったんじゃないだろうか。

5-4-1の3ラインを前に、なかなかスペースを見つけ出せず、
DFラインでのボール回しの時間が長い展開は、
まるで鳥取戦の続きを見ているかのようやったわ。

ただ、それでも2点取って勝つことができたのは、
鳥取と岐阜の選手のクオリティの差かなぁと思う。



ガンバの1点目の阿部のゴールは、
中央を固められているのに、あえて中央を突破するという、
ある意味ガンバらしい形での得点やった。

阿部本人は、「ゴールに流し込むだけだった」と謙遜してたけど、
やっぱり阿部は、倉田や家長のようなガンバユース出身の攻撃的MF陣より、
シュートが上手いよなっていう印象を受ける。

まあ、前半の早い時間帯に家長が決定的なシーンを決められなかったから、
なおさらそう思うのかもしれんけど。

2点目を挙げた平井に関しては、
二川のファーサイドへのクロスを、岡崎が頭で折り返したところに、
きちんとフリーで待ってるあたり、やっぱり嗅覚を持ってる選手やなとは思う。

守備でも頑張って走ってたし、いつもこれぐらいやってくれれば、
安心して見てられるんやけど、それができないから、
試合に出るたびに「走れ、走れ!!」って野次られるんだろうな。

この2点に加えて、遠藤のミドルシュートが決まっていればお腹一杯やったんやけど、
まあ、試合には勝ったし、これ以上求めるのは贅沢かな。



この試合のスタメンには、前節、足首を痛めた岩下に代わり、
西野が入って今野とCBを組み、
今野が一列下がって空いたボランチのポジションには内田が入ったね。

岐阜の攻撃のクオリティがアレな事もあったけど、
やっぱり、西野は高さがある分、
ハイボールへの対応に関しては丹羽より安心して見てられる。

クリアボールを相手に返してしまう、中澤的要素もたまに見受けられるけど、
試合をこなすごとに成長の後が見て取れるのは、嬉しいことやね。

欲を言えば、そろそろ1点欲しいところやな。
チャンスはあるだけにね。

内田に関しては、前回、先発出場した松本山雅戦でも思ったけど、
もうちょっと勝負するパスを前に入れたり、
ゴール前に顔を出して欲しいんだよな。

別にそこまで酷いパフォーマンスだったとは思えないけど、
6月に遠藤と今野が代表に召集されて不在になった時に、
「内田がいるから大丈夫」とは、まだ心もとなくて言えない感じなんよな。



次節はいよいよアウェイで神戸との首位攻防戦。

順位表を見たときにガンバの上に神戸がいるっていうのは、
正直、居心地がよろしくなかったので、
このタイミングでどいてもらうとしますか。

チケットは取ったものの、仕事で現地参戦ができなくなってしまったので、
当日は気持ちだけ神戸のアウェイゴール裏に参戦したいと思います。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ











コメントを投稿