2013年9月16日

大勝した次の試合が大事だったりする



ガンバ大阪50水戸ホーリーホック


台風の影響で中止になっている試合もあるというのに、
そんな日に万博に駆けつけた皆さんに対しては、頭が下がる思いですわ。

ガンバの選手達も、そんなサポーターの熱意に応えてくれて、内容と結果の伴った、
今季のこれまでのホームゲームでベストと言う試合を見せてくれたね。



前節の長崎戦で、相手の運動量に圧倒されてしまい、
今季、万博で初の敗戦を喫してしまったわけやけど、
この試合では、その反省を踏まえ、前線からの守備意識は高かった。

ただ、対する水戸も、万博での対戦だからと言って自陣に引き籠るような事はせず、
前線からDFラインまでをコンパクトに保ち、激しくプレスを掛けてきたし、
攻撃時にはDFラインを高く押し上げ、ガンバに真っ向勝負を挑んできたね。

そんな水戸の勢いに押され、何度か決定機を作られてしまうけど、
藤ヶ谷が好セーブで凌いでくれたのが大きかったね。

ガンバも、左サイドを中心にチャンスは作るものの、
なかなか決め切れずにいたわけやけど、
そんな試合の均衡を破ったのは、背番号7の伝家の宝刀のプレースキック。

遠藤のCKを宇佐美がニアで合わせて先制ゴールを挙げ、
試合のイニシアティブを取る事に成功したね。



前半終了間際にあったピンチを藤ヶ谷のビッグセーブで凌ぎ、
試合を折り返すと、後半はガンバのゴールラッシュ。

後半4分にここのところ低調なパフォーマンスが続いていた阿部が、
スタメン起用の期待に応える左足ミドルで追加点をもたらすと、
後半22分には、大体大ホットラインから川西が決め、
3-0と一気に試合を決めてしまったね。

最近、ロチャの化けの皮が剥がれてきた感があるので、
川西は、この日のパフォーマンスを持続できれば、
もっと出番は増えるんじゃないかなと思う。

この日のガンバは3点では留まらず、
後半34分に宇佐美がこの日2点目のゴールを挙げると、
後半39分に二川がミドルシュートを決め、雨中のゴールショーに幕を引いたね。



5得点を挙げた攻撃陣ばかりがクローズアップされる展開になったけど、
この試合ではやっぱり、負傷交代した加地に代わって、
右SBを務めた、星原について触れないわけにはいかないだろう。

もっと強い相手と対戦してみないと、真価はわからない部分はあるけど、
FWを務めていた頃からの武器である、俊足を生かした帰陣の速さと、
加地や、逆サイドの藤春には無い、ガンバユース育ち特有の足下の柔らかさは、
「お!?」と思わせるものはあったね。

ただ、FWからコンバートされた星原に、
あっさりとポジションの序列を取って変わられている、
SB本職のオ・ジェソクは、一体、何をやっているんだろうか。



次節はアウェイで松本山雅と対戦。

満員のアルウィンでの試合と言う事で、
J2のスタジアムの中では少ない、アウェイの雰囲気を味わう事になると思うけど、
Jの覇権を争っていた頃の、浦和のホームの雰囲気を知っているガンバからすれば、
そんなに神経質になる問題じゃないと思う。

むしろ、気にしなければいけないのは、
今季は、大勝した次の試合は内容があまりよろしくないと言う事やと思うから、
気持ちを引き締め直して、長野県から勝ち点3を持ち帰って欲しいね。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ









コメントを投稿