2014年4月6日

今の鹿島にとってガンバを退けることは造作も無いことだったでしょう



ガンバ大阪02鹿島アントラーズ


試合中は圧倒されてるっていう感じはしなかったんだけど、
終わってみれば、何もできなかったっていう虚無感がすごくて、
鹿島の勝ちパターンにどっぷりハマってしまった試合だったんだなと、
懐かしい痛みを覚えている次第です。



1点取られると、それ即ち敗北を意味する今のガンバにとって、
先制点は喉から手が出るほど欲しいもの。

序盤、アタッキングサードまでは攻め入るものの、
なかなかシュートチャンスを作れずにいると、
自陣でクリアにもたつく間にダヴィにシュートを決められ、痛恨の先制点献上。

鹿島にとって絶好の得点機ではなかったと思うんやけど、
こういうシーンでも得点を生み出せる選手がいるのは強いなぁと、
思わず羨ましいと思ってしまった。

後半、二川や大森を投入し、手を変え品を変え、
鹿島のゴールへ攻め入る手段を模索するけど、どれも効果は出ず。

逆に、カイオに2点目のゴールを許し、ジ・エンド。

この2点目のシーンなんて、GKとDF陣しか守備してなくて、
他の選手はペナルティエリアの外で遠巻きに眺めてるだけやったからね。

なんか、戦う気持ちも無くしてしまったのかと、ガッカリしてしまったわ。



ここ最近、遠藤をボランチで起用する事の是非について議論されているけど、
開幕戦から続くこの深刻な得点力不足は、
遠藤のポジションだけで改善するようなものでも無い気がする。

攻撃力を高めるどころか、むしろ、遠藤をボランチに置いたことで、
バイタルエリアが空きやすくなって、守備に綻びを作ってるだけのように見えるし。

とりあえず、宇佐美の復帰と、二川・倉田らのコンディションが戻るまでは、
遠藤を2列目に置いて、2節の新潟戦のような勝ち方を目指すしかないと思う。

キャンプから準備してきた、守備に重きを置いた戦い方でシーズンインしたわけやし、
ここに来て、戦い方のコンセプトを変えると、
却って、負の連鎖に陥りそうな気がするしね。

結果が出ずに苦しい時期やと思うけど、ブレずに貫いてほしいわ。



次節は大阪ダービー。

最悪なチーム状態で大一番を迎えることになったけど、
大観衆の前で醜態を晒す事だけは絶対に許されない。

今季を占う分水嶺になるかもしれないこの試合、
しかと長居で見届けて来ますよ。




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ










コメントを投稿