2014年4月30日

大型連休中はガンバも休業中っていうこと!?



ガンバ大阪12柏レイソル


なんだか、一昨シーズンの試合の録画放送を見ているような感じだったね。

宇佐美というラストピースが戻ってくれば、反攻開始のはずだったのに、
この攻守のチグハグ感は一体何なんだ。

雨の中、こんな酷い試合を見せられた皆さんの心中をお察しします。



前節、オ・ジェソクが負傷した事を受け、右SBには今野、
ボランチには遠藤、FWには倉田とポジションをスライドして対応し、
中盤の2列目には二川が久々にスタメン起用されたね。

ところが、柏の3-4-3のシステムと上手く噛み合わずに、
今野が左シャドーに入った田中順也に引っ張られてポジションが中央寄りになり、
空いた右サイドをフリーで左WBの橋本和に走られるっていうシーンが多かった。

FWにボールは収まらず、ボランチも相変わらず縦パス入れられまくりで、
内田に至っては前半で交代させられてしまった。



ただ、こんな戦いっぷりにも関わらず、先制したのはガンバ。

右サイドから中央に流したボールを、
リンスが柏の守備陣との球際のバトルを制して奪うと、
豪快に右足を振り抜き、今季リーグ初得点。

あんな大きなシュートモーションだと、
シュート打つタイミングバレバレじゃないかって思ったけど、
このシーンに関しては、シュートが飛んだコースが良かったね。



先制したはずなのに、軽率なミスからピンチを招くガンバと、
ビハインドを負っているものの、落ち着いて試合を進める柏。

TV画面の左上にスコアが出ていなかったら、
どっちが勝っているチームなのかわからない試合展開やったけど、
試合展開に相応しいスコアになるのに、時間はそんなに掛からなかった。

前半31分、左サイドに流れてボールを受けた工藤が中に折り返すと、
フリーで待っていた田中順也に得意の左足を振り抜かれ、タイスコアに。

岩下がサイドに吊りだされ、DFラインがズルズル下がってしまったせいで、
バイタルエリアがガラ空きになったことによる失点やったけど、
そもそも、被カウンターの起点となったのは、倉田の雑なバックパス。

復調傾向にあるのかなと思っていたけど、
この試合の倉田は、内田と同様に、
前半でベンチに下げられていてもおかしくないパフォーマンスやったね。



さらに悪い事は連鎖するもので、
前半ロスタイムには、同点弾を決められた田中順也にFKを決められ、
試合をひっくり返されてしまった。

そんなに際どいコースに飛んだわけでもなかったのに、
東口はなんで反応できなかったんだろう。

キッカーは左利きの田中順也一人とはいえ、
ほぼゴール正面からのFKやったから、
合わせてくるボールを蹴ってくる事は考え難いのに、
随分、ファーに立っていたようにも見えたしね。

大阪ダービーでフォルランにFKからゴールを決められた時も思ったけど、
意外とFKの対応は苦手なんだろうか。

メッキが剥がれてきた・・・とは思いたくないけど、
ちょっと、最近の試合ではミスが目立つのが気になるな。



後半に入っても試合は相変わらず柏ペース。

3点目、4点目を失ってもおかしくない状況が続く中、
いつもなら、ただやられている選手を傍観しているだけの監督が、
この日は後半16分という早い時間に、宇佐美と大森を同時に投入してきたね。

フォーメーションも3-4-3に変更して、
柏相手にミラーゲームを仕掛けるという、
チキンな監督にしてはなかなかドラスティックな戦術変更を断行したね。

この作戦が功を奏し、柏の選手がマークの受け渡しの修正に時間が掛かっている間に、
何度かアタッキングサードにボールを運ぶことができたけど、
時間が経つと、柏に対応されてしまい、また柏ペースの試合展開に戻ってしまった。

試合終盤には、できるはずもないパワープレーに出て、
あっけなく跳ね返されるという、
お約束の光景を見ているうちに試合終了の笛。

終わってみれば1点差での敗戦だったけど、
何もできなかったという無力感というか虚無感というか、
そんな感情が渦巻いてるわ。



次節は日産でマリノスと対戦。

こんな状況で、昨季リーグ2位の強豪と対戦かよって思ってたら、
順位表を見たら、ガンバのすぐ上にいるじゃありませんか。

なんだ、あちらさんも苦労しているのね。

ホームでガンバを叩いて、不振脱出の足掛かりにしたいと思ってるんだろうけど、
それはこちらとて同じことやからね。

土曜日はガンバの勝ち点3のために、日産で頑張って応援してきますよ。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ









コメントを投稿