2015年6月8日

得点しそうにも失点しそうにもない試合



ガンバ大阪00ヴィッセル神戸


神戸なんて眼中に無いっていう風にしておきたいんやけど、
たまにこうやって余計なことしてくるんよね、このチームは。

しかも、あまりにも試合に見どころが無さ過ぎて、
試合の感想を書く手も進まず、
何か、色々とストレスの溜まる試合やったわ。



この試合の神戸は5-4-1とも言えるような守備的な布陣で、
自陣のスペースをしっかりと埋めてきたね。

対するガンバは、神戸の守備網をこじ開けようと試みるも、
連戦の疲れからか、決定機を作り出すまでには至らず。

水曜日の鹿島戦での好パフォーマンスを見て、
この試合でも同じスタメンを採用したけど、
それが却って裏目に出てしまった感はあるね。

加えて、ベンチに二川がいなかったのも痛かったように思う。

今のガンバは、遠藤より前のポジションで、
パスを出せる選手が宇佐美しかいないので、
この試合のように、相手陣にスペースが無く、
更に遠藤から縦パスが入らない展開になると、
宇佐美が中盤に下がって、パスの出し手にならざるを得なくなり、
必然的にゴール前での迫力を欠いてしまう。

ただ、2列目にパスの出せる二川がいると、
宇佐美を相手のゴールに近い所に置いておけるので、
得点機を多く作り出せると思う。

運動量や守備面である程度目をつむる必要はあるけども、
この日もさっぱり期待できなかった赤嶺をベンチに入れとくよりは、
二川をベンチに入れておく方がよっぽど有益だったんじゃないだろうか。



このドローで、ガンバの1stステージ優勝が絶望的になったらしいけど、
あまりピンとこないのが正直なところ。

ホームで清水を降し、さらに1stステージ優勝へ前進した浦和の選手達ですら、
優勝が近付いているという感じは無いって言っているし、
無理矢理2ステージ制を盛り上げているマスコミとの温度感に、辟易させられるわ。

そんなモヤモヤを抱えつつも、
来週は代表の試合があるので、リーグ戦はちょっとの間お休み。

選手の疲労が心配ではあるけど、
宇佐美に関しては、代表から帰ってきたら動きが良くなっていることが多いので、
そこはハリルホジッチの手腕に期待したいところやね。

神戸戦では運動量が少なく、
以前の宇佐美に戻っていた感があるから、尚更そう思うわ。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ










コメントを投稿