2015年6月28日

雨の天童でガンバの至宝が輝く



山形行ってきました。




さくらんぼとバナナのキャンペーンのゴリ押しで、
山形の市町村のお偉いさん方が、雨の中PRを続けるという試合前の光景。

ところが、最後に出てきた人が、
「ガンバ広島の皆さん、ようこそ山形へ」とか言ったせいで、
アウェイゴール裏の導火線が着火。

まあ、言い間違えた人はおじいちゃんだったから仕方無いところもあるし、
ハーフタイムにスタジアムDJの女性の人が謝罪してたけど、
この発言が、アウェイゴール裏のガンバサポだけでなく、
宇佐美のガンバ愛の逆鱗にも触れたとして、
怒った宇佐美にハットトリックを決められたんだったら、
山形は自業自得としか言いようがない。

口には気をつけろってこったな。


ガンバ大阪3-1モンテディオ山形


試合前から降り続いた雨の影響で、ピッチに水が浮き、
ボールを正確にインパクトするのが難しいピッチコンディション。

遠藤のプレースキックが明後日の方向に飛んでいった事からも、
ボールコントロールの難しさが窺えたね。
(ピッチコンディションが良くても、たまに見る光景って言うのは内緒の方向で)

万博の水捌けが良すぎるせいか、
味の素スタジアムやベストアメニティスタジアムのように、
水捌けの悪いピッチのスタジアムは苦手にしている印象のあるガンバ。

そんなホームのピッチコンディションに慣れている山形は、
序盤から攻勢に出てきたけど、時間が経つにつれて、
ガンバの選手達も徐々にピッチコンディションに慣れ始め、
それに伴い、試合の流れもこちらに傾いてきたってところで前半終了。



そして、ハーフタイムに打ち上げられた、山形大花火大会のPRのための花火が、
奇しくも、後半から始まる宇佐美劇場開演の合図。

倉田からのパスを、右足でのワンタッチ目でシュートを打てる位置にボールを置き、
左足でのツータッチ目でシュートという電光石火の早業で先制ゴール。

さらに、パトリックの落としを受けると同時に、対応に入った當間を股抜きでかわし、
右ポストを跳ねてゴールに吸い込まれるという、
ギリギリのコースを狙ったシュートで2点目。

3点目の場面は、本来なら、米倉の折り返しをそのまま決めたかったんやろうけど、
パトリックとポジションが被ってシュートが打てず。

ところが、パトリックのパスを倉田がシュートすると、
このこぼれ球が宇佐美の前にこぼれてきて、なんと10分弱でハットトリック達成。

何度も繰り返される「もっといったれ」に、
アウェイゴール裏のテンションも最高潮に突き抜けたけど、
帰宅して録画でこの試合を見たら、解説の玉乃の突き抜けっぷりはそれ以上やったね。

この人の解説はある意味新境地を開拓した感があるな。



その後、ディエゴに1点返されるものの、
明神、金正也と、守備的なカードを切って、
チームの守備意識を高める事で、逃げ切りに成功。

これで、1stステージを勝ち点32の4位で終えることになりました。

3月と6月の成績が振るわなかった事と、
ACLを並行して戦っていることを考えると、
まずまずの出来だったんじゃないかなと思う。

2ndステージもACLと並行して戦うことになるけど、
長谷川監督も言うように、2ndステージは7月の6連戦が肝になってくると思うので、
8月に入ってACLが再開する前に、
どれだけここで勝ち点を積み上げられるかが勝負所になりそうやね。

パトリックが移籍するとかしないとか、マーケット絡みの話題もちらほら出ているけど、
この手の話はサッカークラブにはつきものやし、
有事の時に備えて、フロント陣には、水面下で迅速な動きを期待したいね。
(まあ、この試合で、無人のゴールへのシュートを外したパトリックを見て、
オファーが取り下げになる可能性も無きにしもあらずだけど)

これでリーグ戦は一時中断ということで、選手の皆さんはひとまずお疲れさまでした。
来たる2ndステージに備えて、短いオフの間、しっかりと英気を養ってください。




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村









コメントを投稿