2015年11月18日

ホームチームに花を持たせつつ勝利する、サッカー日本代表のプロレス興行



日本20カンボジア


暑さとか、人工芝のピッチとか、シンガポール戦から先発を8人入れ替えたとか、
エクスキューズの要素はたくさんあるんやろうけど、
W杯アジア二次予選で最下位に沈むカンボジア相手に、
この結果と内容はあまりにもいただけない。

せっかく、ここ最近の日本代表のアウェイユニフォームの中では、
一番センスが良くて格好良いんじゃないかというユニフォームを身に纏っているのに、
肝心のサッカーの試合がそれに比例しないようでは、
ユニフォームをデザインした人のすすり泣く声が聞こえてくるわ。



特に前半は酷かった。

先日のシンガポール戦では、
ボランチに入った柏木が上手く緩急をつけて試合をコントロールしたことで、
引いた相手を崩すことができたけど、
この試合の遠藤航と山口のダブルボランチでは、
これまでの単調に縦に急ぐ攻撃に逆戻り。

さらに守備面では、鈍足の吉田がぶっちぎられてシュートまで持って行かれ、
あわや失点という場面まで作られてしまった。

そんな前半に訪れた一番の決定機が、
ゴールポストを叩いた藤春のシュートだったというのが、
地味にツボだったけども。



ハーフタイムを明けても、岡崎がPKを失敗してしまい、
まさかやらかしてしまうのかという嫌な予感を感じたのは、
自分だけじゃ無かったと思う。

ただ、この悪い流れを断ち切ったのは、後半頭から投入された柏木だった。

驚くべきことに、ハリルホジッチ体制になってから、
FKからのゴールが無かったらしいけど、
柏木の左足がオウンゴールを誘発し、ようやく先制。

まあ、オウンゴールという形ではあったけど、
相手DFが触らなかったら岡崎が合わせていたやろうし、
とても良いボールを入れたと思う。

流れの中でも、シンガポール戦に引き続き、巧みなゲームメイクを見せ、
前半のピッチに漂っていた閉塞感を見事に打破したね。

ただ、シンガポール戦の後のブログにも書いたけど、
柏木の守備力では、日本が主導権を握る試合が多いアジアレベルでは戦えても、
守勢を強いられる南米や欧州の強豪国が相手では苦しくなってくる。

そこで、柏木よりも守備力に優れる遠藤航や山口に、
この試合の柏木ようなプレーを求めたいところではあるんよね。

と言っても、このタイミングで強化部長を監督に据えて、
昇格プレーオフに臨もうとしている、
どこまでも残念なチームのキャプテンに期待するのも癪なので、
ここは遠藤航の成長に期待したいね。



まあ、残念と言えば、ウチのエースについても同じ事が言えるんやけどね。

前半は、強引にシュートを打つ場面や、
サイドチェンジでチャンスメイクをする場面はあったものの、
全体的に見れば存在感は薄く、後半に入ると試合から消えてしまった。

また欧州のクラブからオファーが届いているらしいけど、
この試合の宇佐美のプレーを見て、欲しいと思うクラブはいくつあるだろうか。

「人工芝は苦手じゃない」と試合前に豪語した通り、
終盤になっても運動量が落ちずにサイドを上下動し続け、
本田のヘディングでのゴールをアシストした藤春の方が、
よっぽどインパクトを残していたと思う。

ゴールした本田が藤春と抱き合う姿を見て、
「うぉ! あの藤春が本田に祝福されてる!」と思ったガンバサポは、
自分だけじゃないと思ったね。



これで年内の代表戦は全て終了。

W杯二次予選に関しても、来年3月の2試合で終了やね。

ここまでの日本の戦いぶりを見ていると、
すんなりと最終予選を勝ち抜ける感じはあまりしないんやけども、
ザッケローニの時のように、予選を楽勝で勝ち抜いて、
自分達は強いと勘違いしてW杯に臨むより、
ある程度予選で苦労した方が、自分達の能力を過信し過ぎずにW杯に臨めるので、
案外、良い方に転んだりしてね。

あんまり悲観的にサッカーを見ていても面白くないので、
ポジティヴに行きましょう。



にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村










コメントを投稿