2015年11月29日

まずは浦和レッズ、ぶっ叩きました



埼スタ行ってきました。



ガンバ大阪31浦和レッズ


延長を含めて120分も試合をやったはずなのに、
延長後半のガンバの2点目の場面の印象が強すぎて、
正直、他の事をあんまりよく覚えていない。

丹羽のバックパスがループになって、東口の頭上を越えていった瞬間、
「終わった・・・」って思って天を仰いでいたら、
どういうわけかゴールに入ってなくて、
それどころか、ガンバの選手達が一気呵成にこちらへ向かってくるじゃありませんか。

「あれ?どうなってるんだ」って思ってたら、
米倉のクロスに、藤春が利き足とは逆の右足ボレーで合わせて、なんと勝ち越し。

今までガンバの試合を何百試合も見てきて、
お笑いのような得点や失点の数々を目の当たりにしてきたけど、
自作自演カウンターなんて初めて見たわ。

丹羽は、このバックパス以外にも、
ルーレットをかましてボールを奪われる場面もあったし、
もしかして、地上波を意識して魅せるプレーでも心掛けてたんだろうか。



ただ、この丹羽のバックパスの場面で秀逸だったのが、
東口が、ポストに跳ね返ったボールを、
右サイドに開いているオ・ジェソクに展開したこと。

普通のGKなら、取り乱して、苦し紛れに近くにいる西野に出すか、
キャッチして反則を取られるかのどっちかになりそうやけど、
オ・ジェソクに展開したことで、その後のカウンターに繋がったわけやからね。

東口は、この場面以外にも、ミドルシュートや、
至近距離のヘッドもセーブするなど、文句無しにMOM級の活躍。

相手GKの西川も素晴らしかったけど、
この日はそれ以上に東口が素晴らしかった。

やはり、両チームのGKが良いと締まった試合になるなと再認識させられたね。



あと、決勝ゴールの藤春についても触れておこうかな。

普段、プレーの幅の狭さや、足下の技術の拙さを批判されることが多い藤春やけど、
やはり、スピードとスタミナをこれだけ高いレベルで兼ね揃えている選手は、
日本人でそうはいないだろう。

延長戦に入って、浦和の関根や森脇が足を攣る中、
途中出場の井手口と遜色のない運動量でピッチを駆け回り、
カウンターで前線に上がってゴールを決めてしまった。

この日は藤春の誕生日ということで、
誕生日の試合は累積警告で出場停止だったり、一発レッドを貰ったりで、
良いイメージが無いと言っていた割には、大活躍だったね。

この試合を視察に訪れていたハリルホジッチの中で、
東口と藤春の株が上がっていれば良いなと思うね。


チャンピオンシップ制度に反対していたのにも関わらず、
いざ、チャンピオンシップが始まってみれば、楽しんでいる自分がいるという矛盾。

やはり、どういう状況の試合であっても、
日本で一番アウェイを感じられる埼玉スタジアムで、
試合後に「We Are GAMBA OSAKA!!」と勝利の咆哮をあげる喜びは、
何物にも代え難いものがあるほど格別やね。

ただ、チャンピオンシップ制度に反対という、
そもそものスタンスは変えるつもりは無いので、
広島でガンバがシャーレを掲げることで、
このおかしなシステムを糾弾するための材料にしたいところですな。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村











コメントを投稿