2015年11月7日

万博不敗神話は盛大な自爆と共に幕を閉じた



ガンバ大阪02サンフレッチェ広島


年間順位で首位に立つ広島が相手とはいえ、
万博で対戦する分には悪いイメージの無い相手。

先月対戦した浦和と同じ布陣を敷いてくるということもあって、
浦和戦で機能した、井手口と今野のダブルボランチ、
遠藤をトップ下の布陣で迎え撃ったね。



前半から、パトリックにボールが収まる場面が多く、
その流れから宇佐美に何度も決定機が訪れていたので、
この時点での試合の見通しは明るいものだったように思う。

ただ、この時間帯に先制出来なかったのが、
後々の試合展開に大きく影響する事になってしまったね。

前半は積極的なインターセプトからの前線への飛び出しが光っていた井手口やけど、
後半になると、解説の福西も指摘していたように、
以前からの悪癖である、自陣での安易なボールロストが目に付き始めた。

おそらく、長谷川健太もそれが気になっていたのか、
阿部を投入する準備を進めていたけど、
間が悪いことに、井手口のボールロストからショートカウンターを浴び、
その流れで岩下がゴール前の危険な位置でファウルを献上。

そして、そのファウルで与えたFKをドウグラスに決められてしまい、
今季、先制点を奪うと圧倒的な強さを誇る広島に先制点を与えてしまった。

しかも、このFKの際に東口が古傷の右膝を痛めてしまうという、
いらないオマケまでついてきた。

新潟時代、何度も膝に大ケガを負っている東口だけに、かなり心配やけど、
ここは何事もない事を祈るしかないね。



1点を追うガンバは、岩下を下げて大森を投入し、
今野をCBに下げて倉田と遠藤のダブルボランチという、
守備を顧みないような布陣に変更。

布陣変更後、広島を押し込む時間帯があったものの、
宇佐美に訪れた絶好の決定機を決め切れず、逆にカウンターから清水にゴールを許し、
痛恨の2点ビハインドを背負うことになってしまった。

さらに、目に見えてイライラを募らせていたパトリックが、
後半ロスタイムにラフプレーで一発退場になり、完全に終戦。

年間順位で4位に後退するだけでなく、
何とも後味の悪い敗戦になってしまったね。



確かに広島は強かったけど、それを感じたのは先制点を奪われてからの話。

たらればは禁物やけど、もし先制点を奪ったのがガンバだったら、
この試合の結果はまた違うものになったんじゃないかと思わざるを得ない。

そう考えると、この試合で決定機をことごとく外し続けた宇佐美の責任は重い。

この日は、ガンバ大阪のエースとして、チームを勝たせる仕事をするべき日だった。

これで、年間順位で3位になるためには、次節、万博で山形を降し、
かつ、FC東京の結果待ちになる。

来たるべき天命を待つためにも、
次節こそ、宇佐美にはガンバのエースとしての働きを期待したいものです。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村









コメントを投稿