2016年3月25日

ロシアW杯アジア2次予選という名の金崎夢生のシュート練習



日本50アフガニスタン


相手が元気なうちは、ベタ引きの守備網を崩せずに攻めあぐね、
徐々に相手が疲れてきて、スペースが出来始めた途端に大量得点という、
これまでの2次予選の戦いでよく見られた光景は、
この日の埼玉スタジアムでも例外に漏れず繰り返されたね。

良くも悪くもこの試合で一番目立ったのは金崎が、
バカの一つ覚えみたいにシュートを打ちまくって外す中、
岡崎がファーストシュートであっさりと先制ゴールを挙げたのには、
プレミアリーグで首位を走るチームのレギュラーたる風格を感じさせられた。

清武からのパスを受けるとワンタッチで反転し、
寄せに来たDFを股抜きでかわしてからのシュートなんて、
ダイビングヘッドがトレードマークだった頃の岡崎からは、
似ても似つかないお洒落なプレーだったわ。

そんな岡崎の堂々たるプレーぶりに感心すると同時に、
金崎はいつからあんなにゴールに執着するようになったんだろうという疑問。

大分や名古屋にいた時は、
2列目の10番タイプの選手ってイメージが強かったんやけどね。

5点目のゴールを決めて、嬉々とした表情で小林悠と交代したから良かったものの、
あのままノーゴールでベンチに下げられたら、
試合後のロッカールームでは相当荒ぶってただろうなというのは容易に想像がつくね。



岡崎以外で良かったと思ったのは、清武とハーフナーかな。

俊輔が代表から去ってから、
長らくセットプレーで得点できる雰囲気があまりしなかったけど、
清武のセットプレーのキックは安定感あるよね。

アフガニスタンが相手だったから、流れの中でもこれだけ出来たという見方もできるけど、
普段、ブンデスリーガで最下位のハノーファーで孤軍奮闘しているので、
もっと強い相手と対戦しても十分持ち味は出せると思う。

ただ、この選手はケガが多いのがネックなんだけどね。

ハーフナーは、代表では不遇のイメージが強いけど、
この試合では、周囲が彼の高さを生かそうとしてくれていたので、
持ち味は発揮できたと思う。

ハーフナーが出てきてからのアフガニスタンのDF陣の混乱ぶりを見る限り、
194cmという高さはアジアレベルでは大きな武器になるのは間違いないやろね。



我らがガンバからは、唯一、東口がこの試合のピッチに立ったけど、
GKっていうポジション自体いらなかったのでは?と思うぐらい、
何もやることがなかったね。

ただ、代表に召集されても、一度もピッチに立つこと無く、
クラブに戻ってきていた頃と比べると、
出場機会を得ているのはポジティヴな事だと思うので、
この調子でハリルホジッチの信頼を勝ち取って欲しいと思う。

あと、宇佐美は、ハリルホジッチが代表監督になってから、
初めて代表の試合で出場機会が無かったね。

まあ、この試合には本田も出場していないし、
ここ最近、クラブで多くの試合をこなしていて、疲労も溜まっているはずなので、
1試合出場機会が無かったからと言ってネガティヴに捉える必要は無いと思う。

ただ、ハリルホジッチが新しく抜擢した選手達が結果を残しているので、
来週のシリア戦に向けてしっかりアピールして、代表定着を目指して欲しいね。



にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村









コメントを投稿