2016年3月30日

西川の手を煩わせつつもロシアW杯アジア2次予選首位通過



日本50シリア


相変わらず相手が元気なうちは攻めあぐねているものの、
後半のゴールラッシュで終わってみれば5得点。

先のアフガニスタンで清武が出色のパフォーマンスを見せたことで、
ポジションが脅かされつつある香川が2得点を挙げれば、
アフガニスタン戦でベンチに座った本田も得点を挙げたりと、
順当に主役が揃い踏みといったところ。

欲を言えば、史上5人目の代表100試合出場を達成した岡崎に、
自身のメモリアルを飾って欲しかった気持ちもあったけど、
この試合ではちょっと力み過ぎてたかな。



結果だけ見れば危なげなく大勝したようにも見えるけど、
これだけの実力差がある相手に被シュート15本は打たれ過ぎ。

山口がシリアの選手とヘディングで競り合った際に、
アフターでヘッドバットを食らって負傷し、
原口と交代したあたりから攻守のバランスが崩れたのは明らかやったね。

相変わらず攻撃での貢献度の低さが気になる山口やけど、
守備の際の寄せの速さや球際の強さはさすがに定評があるので、
彼が出場している間は、シリアにほとんどカウンターを許さなかった。

一方、原口は、この試合の5得点目を挙げたりと、
自身のストロングポイントである攻撃面ではアピールしたけど、
素人目に見てもボランチの動きではないのは明らかやった。

それにしても、典型的なサイドアタッカーである原口を、
SBやボランチで起用しているハリルホジッチは、
一体、彼にどういう働きを期待しているんだろうか。



我らがガンバからは宇佐美が左MFでスタメン出場。

前半は、ドリブル突破やクロスでチャンスメイクをするだけでなく、
セットプレーのキッカーとしても良いボールを蹴っていたけど、
後半に入ると見事に試合から消えてしまった。

守備にも奔走していたのでバテたという見方もできるけど、
これだけポゼッションの時間が長い試合でその言い訳は苦しい。

これまでハリルホジッチの寵愛を受けて、
代表の試合に出場し続けていた宇佐美やけど、
この2試合で清武と原口が結果を残しているので、
ポジションを取って変わられる危険性は十分にある。

代表の当落線上だった頃の宇佐美のパフォーマンスは、
すごく良かったと記憶しているので、
またあの時のような危機感を持って、Jの試合にも臨んで欲しいと思うね。



次の代表戦は6月のキリンカップかな?

デンマーク、ボスニア、ブルガリアのうちの2カ国と対戦するみたいやけど、
単なる親善試合ではなく、9月から始まるアジア最終予選に向けての
試金石という位置付けになると思うので、
欧州の強豪の胸を借りるつもりで臨んで欲しいと思います。



にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村











コメントを投稿