2016年5月10日

ホームでもアウェイでも勝てないなんて、一体どこで勝つつもりなんでしょう?



新潟行ってきました。




ガンバ大阪00アルビレックス新潟


負けたわけでもないのに、試合後にアウェイゴール裏に挨拶に来た選手たちに向かって、
こんなにブーイングしたのはいつ振りだろうか。

岩下がDFラインに戻って、
若干、後方でのボール回しがスムーズになったように見えたけど、
それだけでチーム全体のパフォーマンスが変わるほど、
今のガンバの問題の根は浅くないってことだね。

まあ、例え試合に勝てなくても、「勝ちたい!」という気持ちが見えれば、
まだ救いはあったのだろうけど、遠藤が倉田との交代でピッチを退く時、
勝っているわけでもないのに、ピッチサイドにゆっくり歩いて向かった姿からは、
そんな気持ちは到底、感じられなかった。

ただでさえも自分自身のピッチの上でのパフォーマンスが冴えないのに、
キャプテンという役割を担っている人間が、
チーム全体の士気を下げるようなことはしないでほしい。



そんなガンバが勝ち点を拾えたのは、
ひとえに新潟のFW陣の決定力不足に助けられたのが大きい。

特に、平松という選手は、ガンバのCBか見まがうほど、
東口の前で見事なクリアを連発していたね。

そういや、昨季、新潟と対戦した時も、
山崎亮平が決定機を何度も外してくれたので非常に助かった記憶がある。

今、ガンバはチーム状態が非常に悪いので、
2人には10月の吹田スタジアムの試合でも同様の活躍を期待したいね。


閉塞感が漂う今のガンバで、期待ができそうな選手といえば、
なかなかゴールが奪えないものの、
良い動き出しでボールを引き出そうとしている呉屋か、
先日のメルボルン戦で健在ぶりを見せた二川ぐらいなんだけど、
2人とも今回の遠征には帯同せず。

今回の呉屋と二川のケース以外にも、
今季の長谷川健太の用兵には首をかしげたくなることが多いけど、
だからと言って下手に解任したら痛い目に遭うっていうのは、
4年前に嫌と言うほど味わっているので、
一概に監督代えろと言えないのももどかしいところではあるんよね。

まあ、大量失点して負けたり、試合終了間際の失点で勝ち点を落としたりという、
降格しそうなチームの試合はやってないだけ不幸中の幸いか。

正直、今季はJ1残留が現実的な目標かなという感じはしてきたけど、
応援する以上、少しでも上の順位でフィニッシュしてほしいというのは本望なので、
金曜日の磐田戦では意地でもホームでの連敗をストップしてほしいと思います。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村












コメントを投稿