2016年7月14日

いくら蒸したところで試合は煮え切らない



大宮行ってきました。



ガンバ大阪00大宮アルディージャ


相変わらず、長谷川健太は藤本が好きだねぇ。

マリノスでベンチに座っていた伸びしろの少ない30歳を越えた選手に、
自分が清水の監督だった頃の教え子だったということで出場機会を与え、
チームにフィットするのを悠長に待ってるなんて、
正直、こちらとて付き合ってらんないんですが。

もう移籍してしまった選手の名前を出すのもあれだけど、
僕は、今季が始まってからずっと、
藤本を起用するぐらいなら二川か堂安を起用しろと言ってきた。

共にガンバユースの出身の生え抜きである二川と堂安が、
移籍組の藤本に対して劣っていないという気持ちはもちろんあったけど、
同じポジションで、且つ、今までのガンバを担ってきたレジェンドと、
これからのガンバを担うであろうホープを干してまで起用するほど、
藤本って選手は価値があると思えなかったから。

まあ、僕が偏った考え方をしているだけなのかもしれないので、
反対意見があるようならば受け付けますが。



試合の方は、やはり夏場の連戦ということもあって、
全体的に集中力が欠けていて、動けてなかったなという感じ。

前線の動き出しが少ないうえに、後ろのビルドアップ力が低いので、
後方でのパス回しを奪われてピンチを迎える場面が多かったように思う。

トップ下の遠藤がボランチの倉田とポジションを入れ替えてから、
パスが回るようにはなったものの、
今度はゴール前の精度に欠ける場面が目に付くようになったね。

ハーフタイムで倉田を井手口と交代して、
再度、遠藤をトップ下に持って行ったけど、その流れは変わらなかった。

っていうか、倉田の交代の理由が疲労って・・・、
だったら最初から井手口で良かったやんって思うんやけど。

なんか、今季は、こういった選手のコンディションの見極めが、
出来ていないように思えるんですがね。

前節で2ゴールを挙げて復活の兆しを見せたパトリックに至っては、
決定機を何度か外しているうちに熱くなって視野が狭くなり、
ペナルティエリア内に入ってきたボールを全て自分でヘディングに行こうとして、
他の選手とポジションが被りまくる始末。

前節終了時のポジティブな雰囲気はどこへやら、
妥当なスコアレスドローといった感じですかね。



次節はホームで福岡と対戦。

福岡は現在最下位やけど、今節、ホームでFC東京を降しているので、
この日のような試合をしていたら、足元をすくわれる可能性は十分にある。

天国で見守ってくれているであろう佐野泉元社長へ届ける勝利を、
彼が愛した万博の地に建てられた、ガンバ大阪の新たな聖地で挙げてほしいね。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村












コメントを投稿