2016年7月24日

東口よ、夏バテしている場合じゃないぞ



日立台行ってきました。



ガンバ大阪23柏レイソル


西野監督時代はお得意様だった柏だけど、
ここ数年、本当に勝てなくなってしまった。

例年、アウェイの柏戦は、平日の夜に行われることが多く、
中2日、中3日で臨まなければいけなくて、
コンディション面でタフな試合を強いられる印象が強かった。

ただ、この試合に関しては、前節から中5日空いているので、
コンディション面の不安は無い。

ここ2試合勝ててはいないけど、失点はしていないし、
攻撃面でもチャンスは多く作れていたので、勝機はあるかなと思っていたけど、
そんな淡い期待は見事に裏切られてしまったね。



まあ、2点ビハインドの状況から試合を振り出しに戻したまでは良かったけど、
さすがに3失点もしたらどんな試合も勝つのは難しい。

本音は試合後に長谷川健太が言っていたように、
どれか1つは東口に防いでほしかったけども。

これまで、CBの脆さを神懸かり的なセービングでカバーしてきた東口だけに、
あまり悪くは言いたくはないんだけど、
ここ数試合の東口のパフォーマンスは不安定と言わざるを得ない。

この試合の失点の場面では、丹羽がことごとく1対1で負けているように、
CBがGKを助けるような働きは依然として期待できないので、
東口には1日も早く、皆が知っている背番号1の姿を取り戻してほしいね。

思えば、昨季の日立台の試合でも東口のミスで失点しているので、
この試合で完全に苦手意識が脳裏に刻み込まれたことだろうと思う。

来季の日立台の試合では、この負の連鎖を断ち切ってほしいね。



攻撃陣に関してはなんだかんだ2点取っているので、
合格点ではあると思うけど、後半に1点リードされてからは、
同点に追いつけるイメージができなかった。

長谷川健太は、たまにパトリックと長沢のツインタワーをやるけど、
正直、上手くいったところを見たことが無い。

ターゲットマンはいるけど、誰がゴールを決めるの?っていう感じで、
落としたボールに詰めてくる選手がいないように思えるんよね。

呉屋がそういう選手なのかなと思うけど、
長谷川健太はもう彼にチャンスを与えないんだろうか。

まあ、この試合で久々にチャンスを与えられた堂安に至っては、
頭の上をボールが行ったり来たりする状況での投入だったので、
持ち味を発揮できそうな局面が少なく、不憫に思えた。

U-23で結果を出した選手たちがトップチームで起用されず、
血の巡りの悪さを感じるけど、ここで名前を挙げた堂安と呉屋をはじめ、
J3を主戦場として戦う選手たちは、
腐らずにアピールを続けてほしいと思います。


次節はホームで広島戦。

五輪に招集された塩谷の代わりにCBとして試合に出ているのは、
ガンバサポが大好きな彼だとか。

真夏なので、どうしても暑くなりがちだけど、
熱くなりすぎずにクールに勝利を収めてほしいものですな。


にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村













コメントを投稿