2016年9月5日

10年前にタイムスリップしたかのような馬鹿試合



ガンバ大阪63サンフレッチェ広島


長谷川健太のことだから、この試合を塩漬けにして、
アウェイゴールの差で勝ちぬけっていう、
しょうもない展開に持ち込むのかなと思っていたら、
まさかの西野ガンバ復刻版とも言える馬鹿試合を披露。

6-3なんてスコア、いつぞやの万博での川崎戦以来だろうか。

久々のゴールラッシュに上機嫌になる反面、ここ数試合、
内容の乏しいガンバのサッカーに辟易しているところがあったので、
面を食らったような気分やわ。

まあ、最初からこんな打ち合いに持ち込もうなんて気は無かっただろうけど、
自身のサッカーに対してサポーターが不満を感じているのを受けて、
敢えてこんな展開の試合を演じたのだとしたら、
僕たちは長谷川健太の手のひらの上で上手く転がされているのかもしれない。



両チーム合わせて9点も入ったので、1つずつ振り返るようなことはしないけど、
森﨑浩司のFKが決まってアウェイゴールの差でリードされた時は、
さすがに相手に流れを渡してしまったかなと思った。
(重心の逆を取られたとは言え、藤ヶ谷には反応ぐらいしてほしかったけど)

ただ、失点のすぐ後に、
セットプレーから、丹羽のゴールで勝ち越すことができたのが大きかったね。

長沢がニアに走ってマークを引きつけ、
空いた後ろのスペースでフリーになった丹羽のもとへ、
遠藤から見事なボールが供給されるという美しい作品だった。

その後に3度も訪れる歓喜の呼び水となったゴールを決めたことで、
試合後にヒーローインタビューも受けていたけど、
この試合では、皆川に競り負けてヘディングシュートを決められたし、
1st legでも失点につながるクリアミスを犯しているので、
本職のディフェンスをもっと頑張ってほしいところ。

ここ数試合、金正也が出色のパフォーマンスを見せているだけに、
パートナーを組む丹羽にも奮起を促したいね。



そして、確変モードに突入した長沢は、この試合でも2ゴール。

次節、ホームで対戦する甲府は、
長沢が1stステージでゴールを決めている相手なので、次節も活躍に期待したね。

ただ、僕が長沢という選手の力量を計るにあたって気にしているのが、
屈強なCBがいるチーム相手にどこまでやれるかということ。

開幕節の鹿島戦で、植田相手に何もできなかった印象がまだ根強いんよね。

幸か不幸か、ベスト4の対戦相手は、
Jリーグ屈指のCBを擁する横浜F・マリノスなので、
今の長沢がどれだけやれるかを計るための試金石になるだろうね。

この試合で、長沢と同じく2得点を挙げたアデミウソンにとっても、
古巣対戦となるので、新たなガンバの2トップの力で、
チームを3年連続の埼玉スタジアムのピッチへ導いてほしいと思います。




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村










コメントを投稿