2017年4月7日

黄色を纏った工藤が青黒に牙を剝くという既視感のある光景



ガンバ大阪01サンフレッチェ広島


今季、まだ未勝利の広島が相手と言うこともあって、
確実に叩いてACLに向けて弾みをつけたいところではあったけど、
ホームで敢え無く敗戦。

しかも、久しく勝てていなかったアウェイの柏戦に勝利したことで、
今季はジンクスを打ち破る1年になるのではと言う期待感もあったけど、
かつて、その柏でガンバキラーとして鳴らした、
工藤壮人にゴールを決められるという、
既視感のある敗北に項垂れるばかりですよ。

そう言えば、我が軍にも広島キラーと呼ばれていた選手がいたはずなんだけど、
前節の新潟戦あたりから行方不明になっている気がするのですが、
僕の気のせいですかね。



この試合のスタメンは、前節から初瀬とケガの金正也に代わり、
丹羽とオ・ジェソクが起用されたね。

ここまで先発出場の機会が無かった丹羽だけど、
正直、金正也を起用しようが丹羽を起用しようが大差は無いと思っていたので、
この試合の出来に関しては、「まあ、こんなもんでしょ」という感じ。

ただ、オ・ジェソクはWBとして起用するには攻撃力が乏しすぎて、
右サイドにパスを展開しても何も起こらずに、
横か後ろにボールが戻るだけと言う状態になっていた。

おそらく、清水対策として起用されたんだろうけど、
広島の5-4の守備ブロックの中に効果的な縦パスを入れられなかったね。

個人的には、この試合のガンバの布陣でオ・ジェソクを起用するなら、
丹羽のところだと思っているんだけど、どうだろうか。

高さはそれほどでも無いけど、1対1には無類の強さを誇るし、
ユース年代では3バックのストッパーを務めていた選手なので、
十分適応可能だと思う。



また、1点ビハインドの状況で、堂安と泉澤を投入したけど、
頑なに3-5-2の布陣を崩さないのは何故なんだろうか。

前節の新潟戦では2人を投入してから逆転に成功したので、
二匹目のドジョウを狙ったんだろうけど、
新潟戦での2人のパフォーマンスはそれほど良くなかったし、
そもそも、WBやIHで持ち味を発揮できるようなタイプでは無い。

長谷川健太としては、3-5-2のシステムを熟成させたいんだろうけど、
キャンプで練習していたと言われている4-3-3や、
昨年の4-2-3-1もオプションに含めて戦うべきなんじゃないだろうか。

同じ戦い方を続けていれば、相手に研究されるのは必然。

現に、この試合で一番チャンスを作れていた時間帯は、
後半アディショナルタイムに、
ファビオを前線に上げてパワープレーをしていた時間帯だし、
試合の流れを変えるには、戦い方を変える必要はあると思いますけどね。



次節は大阪ダービーだけど、その前にACLの江蘇蘇寧戦。

既にグループリーグでは2敗を喫し、
決勝トーナメント進出に向けて黄色信号が灯りかけている状況ではあるけど、
今季は、アウェイの方が良い戦い方が出来ている気もするので、
南京から大阪に勝ち点を持ち帰って欲しいね。




にほんブログ村











コメントを投稿